2016年6月

6月11日「TOHO Saturday Concert」を開催しました。

平成28年6月11日(土)文京キャンパスにて、「TOHO Saturday Concert」を開催しました。
  
「サタデーコンサート」は地域の皆様にも身近に演奏をお楽しみ頂ける場として年6~7回、土曜日の午後に開催しております。出演者は本学在学生をはじめ教員、研究員の中から選抜して行います。  

今回は東邦音楽大学の教員であり、また演奏家としても第一線で活動する6名による「スペシャル編」をお送りいたしました。

毎回ご好評をいただいている「サタデーコンサート」ですが、今回は「スペシャル編」ということもあり、梅雨の時期にもかかわらず、近隣にお住まいの方々、音楽愛好家の方々、また本学学生や卒業生など、いつにも増して多くの方がご来場くださいました。

演奏終了後には、客席の皆様から盛大な拍手をお送りいただきました。奏者の息遣いも聴こえるほどに近い舞台から生み出される美しく、迫力のある音に満たされるという"小さなホールならではの醍醐味"を皆様にお楽しみいただけたのではないでしょうか。

本学学生にとっては、指導者ではなく、プロの演奏家としてお客様に楽しんでいただくために演奏する教員の姿を間近に見ることは、新鮮であり、刺激を受ける機会であり、普段の授業やレッスンとは異なる学びを得られたことと思います。
 
演奏曲目は

♪ C.ドビュッシー作曲
弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10

♪ R.シューマン作曲
ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44
 
以上の2曲が演奏されました。
足をお運びいただいた皆様には、この場をお借りして心より御礼申し上げます。 

東邦音楽短期大学

 
C.ドビュッシー作曲 弦楽四重奏曲 ト短調 Op.10

_1030034_002mini.JPG
 
宮野 陽子(Vn) [ 東邦音楽大学教授 ]
村越 麻希子(Vn) [ 東邦音楽大学講師 ]
大久保 淑人(Va) [ 東邦音楽大学特任教授 ]
藤森 亮一(Vc) [ 東邦音楽大学特任教授 ]


R.シューマン作曲 ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44
 
_1030044_012mini.JPG
  

清水 髙師(Vn) [ 東邦音楽大学特任教授 ]
宮野 陽子(Vn) [ 東邦音楽大学教授 ]
大久保 淑人(Va) [ 東邦音楽大学特任教授 ]
藤森 亮一(Vc) [ 東邦音楽大学特任教授 ]
中島 剛 (Piano) [ 東邦音楽大学講師 ]

《ナビゲーター》井上淳司 [ 東邦音楽大学大学院准教授 ]

次回は平成28年9月24日(土) 14時開演 「入場無料」
東邦音楽大学 研究員による弦楽器による演奏会を開催予定。
皆様のご来場をお待ち申し上げます。

 
→サタデーコンサートの詳細はこちら

グランツザールにて開催された「第6回 北関東甲信越音楽系高等学校演奏会」に 東邦音楽大学附属東邦第二高等学校が参加しました。

6月11日(土)東邦音楽大学グランツザール(埼玉県川越市)において、「第6回 北関東甲信越音楽系高等学校演奏会」が開催されました。
 
002_AKA8644_002mini.JPG
 
東邦音楽大学附属東邦第二高等学校が準備担当校として開催するこの演奏会は、北関東甲信越地区の音楽科、音楽コース等を設置する高等学校が出演し、それぞれに日々の学びの成果を発表する場となっています。また、同じ音楽を学ぶ他校の生徒たちの演奏を聴くことをきっかけに、生徒各自のより一層のスキルアップを目的としているものです。

6回目となる今回は、群馬県立西邑楽高等学校(芸術科音楽コース)、埼玉県立伊奈学園総合高等学校(芸術系音楽)、埼玉県立大宮光陵高等学校(音楽科)、埼玉県立芸術総合高等学校(音楽科)、埼玉県立松伏高等学校(音楽科)、聖徳大学附属取手聖徳女子高等学校(音楽科)、東邦音楽大学附属東邦第二高等学校の7校が出演しました。

各校にて選ばれた生徒たちによる演目は、独奏、独唱、二重奏、五重奏、合唱とさまざまでした。本番前のリハーサルでは、緊張していた生徒もいましたが、本番の舞台ではどの生徒も堂々と、これまで学んできたことをそれぞれにしっかり発表できたようです。演奏が終わり、安堵の表情を見せる生徒たちに、会場のお客様からは大きな拍手が送られました。

プログラム

■埼玉県立伊奈学園総合高等学校芸術系音楽
  
メゾソプラノ独唱/村上 奈七海 Pf.石川 佳菜
G.B.ペルゴレージ:もし貴方が私を愛してくれて
W.A.モ-ツァルト:オペラ「フィガロの結婚」より 恋とはどんなものかしら
  
フルート独奏/一村 建 Pf.春日 知花
B.ロンベルク:フルート協奏曲 第1楽章

ピアノ独奏/阿部 励佳
F.メンデルスゾーン:厳格な変奏曲(一部省略)

017_CAK5112_017mini.JPG
 
■聖徳大学附属取手聖徳女子高等学校音楽科

ピアノ独奏/佐藤 奏
L.v.ベートーヴェン:ソナタ 15番 二長調 作品28 田園 第1楽章 

サクソフォン独奏/中島 美紅 Pf.金井 遥
A.グラズノフ:サクソフォン コンチェルト

047_CAK5152_047mini.JPG  
   
■埼玉県立松伏高等学校音楽科

合唱/声楽アンサンブル・舞台音楽研究授業選択者
G.オルバーン:世界の更新
L.バールドシュ:ヘンルーダの花が咲いたら
[声楽アンサンブル・舞台音楽研究授業選択者] 
猪口 萌々寧 梅澤 瑞希 大城 ベイリ 佐藤 大和 林 愛華 林田 真由 藤原 夢美 山口 大貴 新井 沙南 岩間 花音 小淺 那月 佐藤 優菜 須永 龍生 竹前 瑠南 鳥塚 里菜 中村 弘樹 古橋 優香 牟田 未杏 藪 佑里子

トロンボーン独奏/須知 天音 Pf.清水 花歩
F.グラーフェ:トロンボーン協奏曲
 
055_AKA8733_055mini.JPG 
 
■群馬県立西邑楽高等学校
 
ピアノ独奏/渡辺 七音
R.シューマン:幻想小曲集 作品12より「飛翔」
 
ピアノ独奏/新井 帆乃香
R.シューマン:クライスレリアーナ 作品16より 第1曲・第7曲

081_CAK5205_081mini.JPG
  
■埼玉県立芸術総合高等学校音楽科

マリンバ独奏/江刺家 仁美
安倍圭子:遥かな海
 
ヴァイオリン独奏/岡田 優衣
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より
  サラバンド、ジーグ
 
ピアノ連弾/pf.Ⅰ新井 美加 pf.Ⅱ寺内 咲貴
M.ラヴェル:「マ メール ロワ」より
 3.女王の陶器人形レドロネット
 5.妖精の園
 
098_CAK5225_098mini.JPG
  
■埼玉県立光陵高等学校音楽科
 
金管5重奏/Tp.カーン 拳 Tp.山本 真知子 Hr.廣田 有梨亜 Tb.井上 梨乃 B.Tb.大井 歩 
J.S.バッハ、Arr:中川良平:3つのコントラプンクトゥスより Ⅸ
 
二重奏/Sp.宮原 唯奈 Fl.飯間 惟加 Pf.岸 明日香
L.ドリーブ:夜鳴きうぐいす
 
二重奏/Fl.嶺井 千奈 Vn.武田 梨瑠 Pf.森 彩華
F.ドップラー:アメリカ小二重奏曲 作品37
 
二台ピアノ/pf.Ⅰ新井 瑛久 pf.Ⅱ齋藤 寧樹
W.A.モーツァルト:2台のためのピアノソナタより 二長調 K.433 第3楽章
   
123_CAK5257_123mini.JPG
 
■東邦音楽大学附属東邦第二高等学校音楽科
 
ソプラノ独唱/Sp.丸山 菜美 Pf.末次 弘季
W.A.モ-ツァルト:オペラ「ドン・ジョヴァンニ」より  打て打てマゼット
 
クラリネット二重奏/Cl.Ⅰ元田 朱音 Cl.Ⅱ矢高 理紗子 Pf.末次 弘季
F.クロンマー:2本のクラリネットのための協奏曲 変ホ長調 作品35
 
コントラバス独奏/飯島 千賀 Pf.瀬山 夏海
D.ドラゴネッティ:アンダンテとロンド
 
ヴァイオリン独奏(東邦高等学校)/近藤 さくら Pf.浅井 和音
E.イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 作品27 第1番 ト短調 第2楽章 フガート
S.プロコフィエフ:3つのオレンジへの恋 より "マーチ"
 
186_CAK5347_186mini.JPG
 
演奏会終了後に出演者全員で記念撮影。本番が終わり、
各校の皆さんは本番を終え、ようやくホッとした表情を見せてくれました。
 
203_AKA8928_203mini.JPG
 
演奏会の後には東邦音楽大学スカイレストランにおいて、「交流会」が行われました。同じ目標を持つ他校の生徒たちと交流できる機会は貴重であることから、毎年、交流会の場も盛り上がりを見せています。
 
P1610662_030mini2.jpgP1610704_052mini.JPG
P1610707_055mini.JPGP1610720_068mini.JPG
 
東邦音楽大学附属東邦第二高等学校 鍛冶校長の「今年も素晴らしい演奏会になりました。生徒の皆さんにはこれを機に切磋琢磨し、ますます向上していただきたいと思っております。」との挨拶に始まり、会はスタートしました。
 
今回はこの演奏会の立ち上げより多大なご尽力とお力添えをいただいています石井敬孝先生もご挨拶をいただき「会を重ねるごとに各校のレベルが上がっている。これからも、ますます素晴らしい音楽を目指して頑張ってください。」とのお言葉をいただきました。
  
P1610640_016mini.JPG
  
先生方に続き、各校1名ずつ、生徒の挨拶も行われ、「このような素晴らしいホールで演奏することができ感謝している」「音楽を学ぶほかの学校の『仲間』と出会えてうれしい」と、この演奏会に参加できた喜びを伝えてくれました。
 
会の始まりには、他校の生徒となかなか言葉を交わすことができない生徒が多くいましたが、会も中盤になると、だんだん打ち解け、皆と話をしたり、記念に写真を撮影し合ったりする姿が見られ、参加者はそれぞれに楽しんでいる様子でした。
 
本番の緊張感から解放された生徒、先生方の笑顔があふれる交流会。
ここで得た経験、出会いをきっかけに、それぞれの生徒がさらに
ステップアップしていくことを願って......乾杯!
 
 
今回の演奏会を通じて出会った生徒たちが、今後も互いに刺激し合い、いいライバル・いい仲間として、交流を続けていくことを、そして、生徒同士の交流が盛んになることで北関東甲信越地区の音楽系高等学校各校がますます発展していくことを願っています。