2017年1月

大学院1年次生がウィーン研修から帰国しました。

平成29年1月31日(火)、東邦音楽大学大学院1年次生が、本学が所有する「東邦ウィーンアカデミー」にて22日間の研修「ウィーンアカデミー特別研究」(一年次必修)を終え、ウィーンから帰国しました。

DSC_2629_web2.jpg

陸上自衛隊東部方面音楽隊との合同演奏会を開催しました。

平成29年1月21日(土)、東邦音楽大学グランツザールにて、「TOHOコンサート2017~陸上自衛隊東部方面音楽隊&東邦音楽大学・東邦音楽短期大学ウインドオーケストラ合同演奏会~」を開催しました。

本コンサートは、陸上自衛隊東部方面音楽隊と東邦音楽大学・東邦音楽短期大学ウインドオーケストラによる合同演奏会で、昨年の第1回につづき、今年は第2回の開催となりました。
この日は朝から冷たい風が吹っていたこともあり、昼間もあまり気温が上がらなかったにもかかわらず、開場前から多くのお客様が並んでいました。そのため、予定よりも少し早めに開場いたしました。開場とともにお客様はお目当ての席へと進まれ、会場はほぼ満席となり、コンサートが幕開けしました。

002_AKA4906_408.JPG 006_AKA4912_412.JPG

 
第1部は、本学ウインドオーケストラの演奏を披露しました。
3曲目の「シング・シング・シング」では、陸上自衛隊東部方面音楽隊 石川晋次2等陸曹をドラムソロにお迎えして共演しました。石川さんは本学卒業生であり、大学卒業後、本学園で初めて自衛隊音楽隊に入隊された方で、現在もご活躍されていらっしゃいます。

「シング・シング・シング」は華やかでダンサブルな曲ですが、石川さんが奏でる切れの良い、アドリブ満載!のドラムソロが会場を大いに盛り上げてくださいました。指揮を務めた福田洋介特任准教授も出演した学生たちもリズムに合わせて体を動かし、笑顔を見せながら楽しく演奏している姿が印象的でした。

058_AKA5003_464.JPG
ドラムを演奏してくださった石川晋次2等陸曹

059_AKA5004_465.JPG
ベースを演奏してくださった倉田賢一郎2等陸曹

044_AKA4986_450.JPG

050_AKA4989_456.JPG
クラリネット専攻とトランペット専攻の本学学生も曲中のソロを演奏しました。

053_AKA5001_459.JPG
演奏中に笑い声が溢れた瞬間。とても楽しそうですね!

 
第2部は、陸上自衛隊東部方面音楽隊の皆さまが演奏を披露しました。
『サクソフォンとバンドのためのメモリー~ミュージカル「キャッツ」より~』では、
本学4年次生サクソフォン専攻の堀田和磨さんがソロを演奏しました。
音楽隊の皆さまの素晴らしい演奏に支えられて、のびのびと気持ちよさそうに演奏する堀田さんのサクソフォンの音色が合わさり、ロマンチックで少し切ない、大人な演奏をお送りしました。

092_CAK3633_498.JPG
ソロを演奏した大学4年次生サクソフォン専攻 堀田和磨さん

096_CAK3642_502.JPG
会場の皆さまから大きな拍手をいただきました。

同じく第2部の「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」では、
陸上自衛隊東部方面音楽隊 トランペット奏者の林克成2等陸曹が素敵な歌を披露してくださいました。
林さんのあたたかく胸に響く歌声に、会場にお越しのお客様はうっとりと酔いしれているようでした。

100_AKA5071_506.JPG

102_AKA5072_508.JPG
素晴らしい歌声を披露してくださった林克成2等陸曹


第3部では、本学ウインドオーケストラと陸上自衛隊東部方面音楽隊の合同演奏を披露しました。
1曲目は、P.スパーク作曲「ジュビリー序曲」を福田洋介 特任准教授が指揮し、
2曲目は、樽谷雅徳作曲「マードックからの最後の手紙」を隊長 加藤良幸3等陸佐が指揮しました。
 
その後アンコールを2曲演奏し、会場にお越しの皆さまから盛大な拍手が送られ、名残惜しい中コンサートは終演しました。

125_AKA5115_531.JPG

129_AKA5123_535.JPG

127_AKA5120_533.JPG

128_AKA5122_534.JPG

154_CAK3684_560.JPG
コンサート終了後、握手を交わす指揮者たち
(左)加藤良幸 隊長、(右)福田洋介 特任准教授


自衛隊音楽隊の皆さまと同じステージで、しかも間近で演奏できた本コンサートは、学生たちにとって大きな刺激となり、たくさんの収穫があったことと思います。この貴重な経験を生かして、今後の音楽活動のさらなる発展につなげてくれることを願っています。

今回のコンサートには、本学在学生や卒業生、近隣にお住まいの地域の方など、数多くのお客様がお越しくださいました。ご家族でお越しくださったお客様も多く、コンサートを楽しみにしていてくださったようです。足をお運びくださった皆さまには心より感謝申し上げます。

また、本コンサートの実現にご尽力くださいました陸上自衛隊関係者の皆さま、地域の皆さまに、この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました。



~プログラム~
【第1部】
 海を越える握手/J.Pスーザ
 吹奏楽のための神話~天の岩屋戸の物語による/大栗 裕
 シング シング シング/L.プリマ 編曲 岩井直溥
 吹奏楽のための「風之舞」/福田洋介

【第2部】
 ツェッペリン伯爵/K.タイケ
 ミュージカル「キャッツ」よりメモリー/A.ロイド=ウェバー 編曲 岩井直溥
 タイム・トゥ・セイ・グッバイ/F.サルトーリ
 吹奏楽のための第1組曲/G.ホルスト

【第3部】
 ジュビリー序曲/P.スパーク
 マードックからの最後の手紙/樽谷雅徳

【アンコール】
 アルセナール/J.ヴァンデルロースト
 吹奏楽のための第1組曲~ギャロップ/A.リード


◆本学のコンサート情報はこちらからご覧ください。

【ご報告】川越キャンパスにて第49回東邦祭実行委員への感謝状贈呈式を挙行いたしました。

IMG_4024_web.jpg IMG_4053_web.jpg
 
平成29年1月11日(水)川越キャンパスにおいて、去る平成28年4月29・30日両日に行われた第49回東邦祭を支えた、東邦祭実行委員への感謝状贈呈式が挙行されました。
 
今回感謝状が贈呈されたのは、東邦音楽大学東邦祭実行委員20名の学生たちです。
東邦祭は、附属中学・高校・第二高校、そして短大、大学、大学院まで学園の総力を挙げて行います。また、大学の立地する川越市およびふじみ野市をはじめとする地域の皆様方とともに作り上げるイベントとしても伝統を重ねており、多くの卒業生、地域の皆様がご来場されます。
このような大きなイベントを作り上げるために、実行委員の学生たちは力を合わせて連日献身的な取り組みを続けてきました。
 
今回の贈呈式では、三室戸東光学長より、東邦祭の成功と音楽文化の発信を通じた社会貢献に対して、実行委員の学生たちへの高い評価とねぎらいの言葉が贈られた後、20名の学生たち一人ひとりに感謝状が手渡されました。
会場には東邦音楽大学の在学生が集まり大きな拍手が贈られました。

東邦音楽大学
      

次回、第50回東邦祭は、2017年4月29日(土・祝)・30日(日)を予定しています。
詳細は決まり次第、本学ホームページ等にてお知らせいたします。