教育課程

特色あるシステム

週6日制

本校は、週6日制で学習しています。
授業時間、個人レッスンだけでなく、それぞれの実技練習時間も充実させ、一般教養と音楽の両立を図ることができます。
基礎教育9教科とともに音楽科目として、ソルフェージュ(聴音、新曲視唱、コールユーブンゲン)、合唱、楽理、音楽の歴史、合奏重奏を学び高校進学、そして音楽の道に進むための基礎音楽力を身につけます。

実技個人レッスン

一人ひとりに個別指導を行っています。
大学教授を含めた実技担当の教員が、生徒とコミュニケーションをとりながら、個々の能力に合わせきめ細かい専門的な指導を行います。
スケール、アルペジオを課題とし、重点をおいて指導しています。
また希望で副科として管弦楽器のレッスンを受けられます。
管弦楽器の生徒は、副科ピアノのレッスンもあわせて受けています。

習熟度別の指導

音楽力の基礎となるソルフェージュ。
聴音・新曲視唱は、グレード別にクラス分けをして授業を行います。
ゼロから始めた生徒でもそれぞれのレベルに合わせた教育ができる少人数の授業で個々のレベルアップをめざします。

練習室

始業前から使用することができ、昼休みや放課後も多くの生徒が使用しています。グランドピアノが設置され、防音が整っています。空いている練習室を選んで集中して練習に取り組め、毎日の練習や伴奏合わせなど積極的に使用しています。

学生食堂(レストラン)

昼食タイムになると、大勢の生徒たちが学生食堂に集まり、メニューや持参のお弁当を楽しみます。真っ白のテーブルに座れば、ホッと心が和んでつい長居をしてしまいそう。日替わりランチ、丼物、特定地域メニューと種類も実に豊富。クラスメートだけでなく、他の学年の生徒とも交流が生まれ、音楽の話が飛び交います。

朝のあいさつ

生徒会役員が率先し、高校生と共にあいさつ運動を行っています。朝のロビーは「おはようございます」と元気な言葉が響き渡っています。
あいさつを交わすことは、心のつながりでもあります。
自然とコミュニケーションもとれみんなが気持ちよく学校生活を送っています。

総合的な学習の時間 合唱づくり

毎年行う合唱コンクール。
各クラス優勝をめざし、生徒たち自身で選曲、指揮、伴奏をします。
練習は工夫を凝らし、教室に歌詞のイメージ絵を貼ったり、歌詞を大きく書いて掲示したり、クラスで本番まで力を合わせそれぞれが積極的に取り組みます。

総合的な学習の時間 演奏会づくり

定期研究発表演奏会出演はもちろん、1・2先生はクラスコンサート、3年生は卒業演奏会があります。
人前で演奏する大きなステージを体験し、ステージマナーも身につきます。
演奏者としての出演だけでなく、生徒たちでプログラム作成、司会、進行、受付など運営も行います。

  • 資料請求
〒112-0012 東京都文京区大塚4-46-9 TEL. 03-3946-9668

© 2010 学校法人 三室戸学園. All Rights Reserved.