2009年3月

カレッジコンサート

2009.3.31.jpg
3月も終わろうとしているのに、ずいぶん冷え込むことの多い今日このごろです。でも昼間の日差しは確かに春の訪れを告げていますね。

晴天に恵まれた29、30両日、大塚キャンパスにて春期セミナーが開催されました。入学試験も終わったこの時期のセミナーには、たくさんの高校1、2年生が参加してくださいました!

このセミナーのメニューの一つとして、50周年記念館にて「カレッジコンサート」が開催され、在学生がセミナー受講生の皆さんの前で演奏を披露しました。
このコンサートの大きな特徴は、演奏終了後に澤敦准教授による出演者へのインタビューがあり、演奏者の生の声を聞くことができる点です。受講生から直接質問することもできます。

ピアノソロの演奏は、先日の卒業代表演奏会にも出演した大学4年次生のMさんによる「ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガOp.87より 第15番変ニ長調」。
緊迫感に満ちた熱演に、会場の反応も上々だったようです。ペダルについての質問なども出ていました。
他楽器や声楽のプログラムでも、共演者としてピアノ専攻の在学生たちが頑張ってくれました。

今回セミナーが行われた「大塚キャンパス」。4月からは「文京キャンパス」と名称が変わりますので、どうぞよろしくお願いします!