2009年4月

専攻別オリエンテーション~その2

2009.4.13.jpg
年度始めのオリエンテーション期間が終わり、今週から通常の講義、レッスンが始まっています。
1年次生にとっては、履修方法や単位、時間割など、高校とは大きく異なる学園生活がいよいよスタートです。

ピアノの専攻別オリエンテーションでは、先輩たちによる演奏会も開催されました。中島裕紀先生が司会を担当し演奏者へのインタビューも行われるなど、楽しいステージです。
まず4年次生のYさんがソロを演奏。N.メトネルの「忘れられた調べ第1集」Op.38より「祝祭の舞曲」を披露しました。

続いて大学院生のお二人による2台ピアノの演奏です。スタジオBには2台のスタインウェイ・ピアノが備えられており、2台ピアノコンサートにはうってつけの環境です。
さすがは大学院生という感じの迫力と立体感に満ちた演奏でした。演奏後のインタビューでは大学院での研究や生活についての話も聞くことができ、会場からは大きな拍手がおくられていました。

年度初めにふさわしい華やかな演奏会でした。演奏者の皆さん、ありがとうございました!

新年度スタート!

2009.4.8.jpg
キャンパスのさくらも満開になり、いよいよ新しい年度のスタートです。

新年度にあたり、この一週間は大学・短大の全学生を対象としたオリエンテーションが行われています。
その内容は多岐にわたりますが、今回はその中から「専攻別オリエンテーション」の様子をご紹介します。

川越キャンパス内のスタジオBに、大学・短大のピアノ専攻生全員が集合しました。
ピアノ専攻生のオリエンテーションは約2時間。履修に関する説明、講義紹介、定期試験について等、さまざまなメニューで構成されています。
どの内容も充実した学生生活を送るには大切なものばかりです。

写真は、オリエンテーション冒頭に行われた春日洋子ピアノ主任教授による「ピアノ専攻の方針について」の様子です。学生生活や音楽そのものへの取組み方について、春日先生はていねいに語りかけるようにお話しになり、学生たちは集中して耳をかたむけていました。

また、この日は4年次生のソロと大学院生によるピアノデュオの演奏も披露されました。次回はその様子をご紹介しましょう。