2015年8月

夏の風物詩 ~夏の音~

猛暑の続く毎日、皆さま如何お過ごしでしょうか?
  
朝早くから元気いっぱいの蝉の鳴き声で目覚めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
  
夏を代表する音である蝉の声は今年も絶好調のようです。
 
文京キャンパスのお隣、大塚公園でも「ミーンミーン」「ジージー」と蝉の大合唱が木々や葉にこだまし、心地よい響きとなって聞こえています。 
 
暑さもだんだん和らいで、アブラゼミの鳴き声も次第に聞こえなくなってくると、
「夏の終わりを告げている」というツクツクボウシが目立ってきます。
 
その頃になると、残り少なくなった夏休みを惜しみつつ、9月1日から始まる前期実技試験に向けての気持ちもクリアになってくるでしょう。
 
こころなしかツクツクボウシの鳴き声が、その心情を代弁し応援してくれているように聞こえるかもしれません。
 
蝉の声は、私たち日本人特有の感性を呼び起こしてくれるようです。
 

2015080702.jpg


2015080701.jpg