音楽創造専攻メディアデザインコースの特色あるカリキュラム

特色あるカリキュラム

ソフトウェア演習

音楽大学で音楽制作を学ぶ利点、それは「作曲・編曲した作品を自分たちで演奏し録音を行い“音”にできること」です。そして、その音をどのような方法で聴衆に届けるか?社会に反映させるのか?この総合的にデザインする作業を、実践的な演習を通じて学びます。作編曲、ソフトウェアの使い方と言った個人作業だけではなく、音楽においてもっとも重要な「演奏家とのコミュニケーション」「制作スタッフ内の連携」も実習を交えながら身についていく授業を用意しています。

音楽音響メディア論

音楽はさまざまな周辺領域と密接に関わり、相互に影響を受け合いながら発展・展開して行きます。それこそが本当の意味でのマルチメディアです。座学講義においては、関連メディアの映像資料に触れながら、先端の音楽制作環境や「インターネット情報をどう読み取るのか?」に至るまでを考察し、自分たちに最適な音楽環境とは何か?を掘り下げて行きます。

メディアデザイン演習(メディアデザインコース専攻クラス)

「演奏会そのものの企画を立案し、そしてその記録に残す」といったプロデュースワーク、あるいは演奏家との共同制作作業。さらには、映画・デジタル放送に用いられるマルチチャンネル・サラウンド・コンテンツに対応した音源を制作することもできます。これからの時代に向けて発信して行きたい音楽、あるいは時代の要求に応える音楽。これからの音楽活動に想定されるあらゆる場面に対応できる環境を用意しています。

作曲コースとのリンク

副科個人レッスン

音楽に必要な基礎、基本的要素をさまざまな観点から育むために、(副科では)楽器演奏の個人レッスンを履修することができます。また、作曲コースとの連携科目では古典音楽の作編曲も学ぶことができます。一人ひとりの方向性に合った選択ができるカリキュラム構成になっています。

リンク

PAGE TOP