S-12 グリーグのピアノ作品概論 ~ノルウェー民族音楽から生まれた斬新なピアニズム~レクチャーコンサート


日時 11/7(土)(全1回)
14:00 ~ 16:00
会場 文京キャンパス
受講料 3,050円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 50名
内容 グリーグのピアノ音楽は、音楽的素材としてノルウェー民族音楽を用い、独特でかつ北欧色豊かな特徴を持つ。グリーグは一生を通じて創作力が一貫して保持され、彼の音楽に対する概念と斬新な発想は、ドイツ音楽様式を根本的に変革し後世の作曲家ドビュッシー、ラヴェル、バルトーク等の音楽様式にも大きく影響を与えた。
今回の講座では、グリーグが「民族性」を表現する上において、特徴的なノルウェー民族音楽をどのような和声構築でもって芸術作品に組み入れることに成功したか、作品分析を基にピアノ演奏を交えながら解説する。
構成として、①グリーグのピアノ音楽の特徴、②ノルウェー民族音楽について、民族舞曲を紹介、③グリーグに影響を与えたノルウェーの作曲家(L.M. リンデマン、F. バイエル)、民族楽器(ハーディングフェーレ)について、④音楽的な素材となった原曲とグリーグの作品との比較分析、を軸としピアノ演奏を交えながらレクチャーコンサート形式で行う。ドイツ・ロマン主義の傾向が強いグリーグの初期作品から晩年のノルウェー民族的作品まで、グリーグの創造性を駆使した作風の変遷を具体的に論じる。
目的 グリーグのピアノ音楽は、ノルウェー民族音楽を素材として用いられていることは知られているが、一体どのような音楽様式で持って表現されているか熟知されていない部分が多い。漠然とした解釈でなく実際に作品分析をした上で、ノルウェー民族音楽の原曲
を素材とし、如何にグリーグは創造性を駆使した技法を開拓しているか解明することが目的である。グリーグの音楽様式は、後世の印象主義派にも大きく影響を与えたとされ印象主義派との類似点も考察する。グリーグのピアノ作品を演奏しその特徴的な響きを捉えながら、グリーグのピアノ音楽における和声法について論じる。
講座日程 11/7(土)
レクチャーコンサート(120分)*休憩有り

解説
1. グリーグのピアノ音楽の特徴について
2. ノルウェーの民族音楽の特徴について
3. コンサート形式(グリーグのピアノ作品に影響を与えたノルウェー人作曲家、民族楽器)
    L.M. リンデマンの音楽的特徴とグリーグの作品の比較
    後期音楽作品、Op.66、Op.72 の作品分析
    ノルウェー民族楽器ハーディングフェーレとの比較
演奏曲:グリーグ 4 つの小品Op.1 から
         詩的音画集Op.3 から
         ユモレスクOp.6 から
         ピアノソナタOp.7 から
         25 のノルウェー民謡と踊りOp.17 から
         バラードOp.24 から
         ノルウェー民謡Op.66 から
         スロッテルOp.72 から
持参物 *当日資料等を配布致します。
担当講師 正木 文惠(まさき ふみえ)
つくば国際短期大学非常勤講師
元目白大学非常勤講師
日本グリーグ協会理事
(一社)全日本ピアノ指導者協会正会員
武蔵野音楽大学ピアノ科卒業、本多万里子氏に師事する。オーストリア・ドイツにてウィーン国立音楽大学教授ヴァイスハール・ドヴォラック、アレキサンダー・イエンナー、パウル・バドゥラ= スコダ各氏に師事、ドイツにてスコダ氏主催の選抜演奏会に出演する。鳴門教育大学大学院及び研究生修了、村澤由利子氏に師事する。同大学助手(ピアノ)を務め、在任中グリーグの論文を発表しグリーグピアノリサイタルを東京、徳島で開催する。ノルウェー政府奨学生として日本人として初めて国立オスロ大学音楽学部に留学、グリーグの音楽を学ぶ。アルヴィド・O. ヴォルスネス、アナリーネ・リースネス各氏、ノルウェー国立音楽大学教授アイナル・ステーン=ノックレベルグ氏に師事する。現地にて、ピアノ・リサイタルをオスロ大学、オスロ在日本大使公邸、ムンク美術館、ドラメン市劇場ハルモニエンホール、トロルハウゲン夏の音楽祭( ベルゲン) にて開催、好評を博す。一方、エリザベス・タンドベルグ(ソプラノ歌手)、ボーディル・ヴィクトリア・アーネセン(ソプラノ歌手)、ヤン・ビョーランゲル(ヴァイオリニスト)他ノルウェーの著名な音楽家とも共演する。現在では、日本とノルウェーを拠点に演奏活動を行い、多数の演奏会に出演する。CD「GRIEG PIANO WORKS」、「GRIEG VALEN JOHANSEN Nordic PianoPieces – 北欧ピアノ曲集-」、「Grieg Ballade ~ Solveig’s Song」をリリースし、タワーレコード渋谷店で発売記念イベントを行う。グリーグ及び北欧音楽の公開講座を東邦音楽大学、白鴎大学、目白大学にて開催する。NHK(ららら♪クラシック)、四国放送、FM 眉山にピアニスト及び解説者として出演、音楽雑誌(ぶらあぼ、レッスンの友、ムジカノーヴァ、Vivace)に活動記事が掲載される。2017 年、芸術・文化に貢献した人に贈られる東久邇宮文化褒賞を受賞する。
受付は終了しました

次回の講座に関してはエクステンションセンターにお問い合わせください。

PAGE TOP