S-13 ベートーヴェンの音楽とラブレター

EX_20171202_Beethoven

日時 2017年12月2日(土)(全1回)
14:00~16:00
会場 文京キャンパス
受講料 3,000円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 50名
内容 生涯独身を貫いた作曲家ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンが、ロマンチックな恋愛観の持ち主であったことはあまり知られていません。1802年から1812年の間にベートーヴェンが書いた音楽作品や「手紙」を知ることを通して、若く情熱的なベートーヴェン像に迫ります。
目的 ベートーヴェンが22歳でウィーンに移住して以降、1802年から1812年の間に交響曲「運命」や歌劇「フィデリオ」などの有名作品を次々と発表するかたわらで、崇拝する女性たちへあてて書いた手紙、あるいは相手から送られた手紙が残されています。それらの手紙の一部を取り上げ、書かれた内容を紐解き、ベートーヴェンの恋愛観の一端を探ります。さらに、その時代にベートーヴェンが作曲した作品の中に作曲家自身の心情がどのように反映されているかについて、音楽専門家そして女性の目線から解釈していくことを目標とします。
講座日程 2017年12月2日(土)(全1回)
持参物 筆記用具
※資料は当日配布します。
担当講師 浦川 玲子(うらかわ・れいこ)
東邦音楽大学専任講師
東京音楽大学卒業。ウィーン国立音楽大学卒業(首席)。オーストリア国家ピアノ教授資格取得。日本大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。1996年第19回マスタープレイヤーズ国際音楽コンクール(イタリア)特賞受賞、日墺文化協会主催「フレッシュコンサート’99」優秀賞受賞。専門分野はピアノと早期音楽教育。ソロリサイタルや様々なアンサンブル演奏、ピアノコンクール審査などで活躍中。特にピアノ連弾では、現ウィーン国立音楽大学教授S. アーノルド氏、恩師V. トイフルマイヤー氏と共演。ウィーン国立音楽大学留学時代から日本−オーストリア間の国際交流に深く関心を持ち、通訳や講師としてさまざまな形でウィーンと関わりながら現在に至る。CD「愛の夢」「シューベルト即興曲集[ 全曲]」をリリース。現在、東邦音楽大学専任講師。日本演奏連盟、日本ピアノ教育連盟、日墺文化協会、国際ピアノデュオ協会、府中国際友好交流会、各会員。2017年2月より、ふじみ野市生きがい学習推進計画審議会委員。埼玉県三郷市在住。

関連記事一覧

  1. S-23 ヘルス・リズムス入門
  2. S-18 管楽器の呼吸法
  3. S-12 親子で楽しくスイーツクッキング
  4. B-1 ヴィオリラを弾いてみましょう(11月〜1月)
  5. S-16 ホルン アンサンブルを体験してみよう!
  6. S-14 親子でクリスマスを楽しもう ~2・3歳児対象~

カレンダー

2017年9月
« 7月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP