S-17 ドラムの楽しさを知ろう Vol.3~16ビート入門編~


日時 1/22(土)(全1回)
15:00 ~ 16:30
会場 文京キャンパス
受講料 3,050円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 調整中
※申込多数の場合、抽選となります。
申込期限:12/13(土)
内容 今回のテーマは基本ビートの一つである16ビートです。Vol.1ではドラムを始めるきっかけ作り、Vol.2では8ビートとフィルインについての解説を行いました。今回はもう一歩踏み込んで少し複雑な16ビートについて解説していきます。もちろん今回も僕の得意としている高速ドラミング等に関する内容やデモ演奏なども交えつつ、皆さんと一緒に楽しみつつ進めていければと思っております。ドラムに触れたことのない方も大歓迎ですのでお気軽にお越しください。
目的 一番の目的は初心者、初級者の方にドラムの楽しさを知ってもらうことです。もちろん詳しい練習法や高度なテクニックの紹介も致しますので、中上級者の方にはそういった技術を実際に自身のドラミングに活かしてもらえればと思います。
講座日程 1/22(土)
持参物 スティック( もしお持ちであれば、無くても問題ありません)
担当講師 白石 響(しらいし ひびき)
ドラマー
Pearl Drums / Zildjian Cymbals
エンドースアーティスト
1993年7月13日東京都生まれ 青山学院大学院 総合文化政策学研究科 文化創造マネジメント専攻卒 Pearl Drums / Zildjian Cymbals エンドースアーティスト
プロミュージシャンである両親の影響で幼い頃よりパーカッションを始め、ヤクルトホール、ゆうぽうとホールなどで数々のステージを経験。大学入学をきっかけにドラムを始め、馬場誠人氏に師事。2014年 大学在学中よりロックやメタル等のジャンルを中心に本格的な音楽活動を開始。2つのバンドに所属しつつ、数多くのバンドのサポートドラマーとしても活動する。2016年 世界的メーカー「Pearl Drums」「 Zildjian Cymbals」とのエンドースメント契約を結ぶ。2018年 ヴィジュアル系ロックバンド「摩天楼オペラ」にサポートドラマーとして参加。元ピンキーとキラーズ「今陽子」のサポートドラマーとして参加。2019年「摩天楼オペラ」に正式メンバーとして加入。同年2月には初参加のアルバム『Human Dignity』でKING RECORDSよりメジャーデビュー。2020年 ドラムカバー動画を中心に自身のYouTubeチャンネルを本格的に開始。約1年でチャンネル登録者40,000人を突破。2021年 ドラム雑誌「リズム&ドラムマガジン」で連載を開始し、同雑誌とのコラボTシャツが発売。DAIGOがボーカルを務める「BREAKERZ」にサポートドラマーとして参加。この他にもドラムセミナーの開催や、教育・介護関係の現場でのライブ参加、中学・高校の吹奏楽部で講師を務めるなど、バンド以外にも幅広い活動を行っている。
PAGE TOP