S-18 ヴァイオリニスト松田理奈~モーツァルトへのオマージュ~表現方法を深める奏法のレクチャーコンサート~


日時 1/23(土)(全1回)
14:00 ~ 16:00
会場 文京キャンパス
受講料 3,050円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 100名
内容 モーツァルトのヴァイオリンソナタを採り上げ、楽器の鳴らし方、響かせ方、振動の作り方を身体の使い方からアプローチしていきます。強弱だけではなく、音色の変化によってメロディを歌わせ、モーツァルトの心に寄り添います。ポイント部分の音出しを織り交ぜてレクチャーを行い、最後に通しの演奏で締め括ります。尚、曲目は「当日のお楽しみ」です!
目的 モーツァルトの演奏について表現方法の奥行きを増し、より演奏の楽しみを実感すること。
持参物 筆記用具
担当講師 松田 理奈(まつだ りな)
ヴァイオリニスト
桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースにて研鑽を積み、2006年ドイツ・ニュルンベルク音楽大学に編入。2010年、同大学院を首席にて修了。1999年に初ソロリサイタルを開催した後、2001年第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、同コンクール史最年少優勝。2002年にはトッパンホールにて「16才のイザイ弾き」というテーマでソロリサイタル開催。2004年、第73回日本音楽コンクール第1位、2007年にはサラサーテ国際コンクールにてディプロマ入賞。2013年新日鉄住金音楽賞受賞。これまでに国内の主要オーケストラに加え、ハンガリー国立フィル、スーク室内オーケストラ、ヤナーチェク・フィルハーモニー室内管、ベトナム響など数々のオーケストラや著名指揮者と共演。2006年ビクターより『ドルチェ・リナ』をリリース。その後『カルメン』、清水和音とライブ収録した『ラヴェル・ライブ』、『イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全曲集』をリリース。2018年にはブラームスとフランクのソナタを収録した5枚目のアルバムをリリースした。
オフィシャルホームページ http://linamatsuda.com
共演者 大須賀 恵里(おおすか えり)
内外の著名演奏家と数多く共演する他、著名ヴァイオリニストのマスタークラスピアニストを多数務めるなど貴重な室内楽ピアニストとして第一線で活躍。桐朋学園大学音楽学部弦楽科嘱託演奏員歴任。2010年夏より‘信州クロイツェル音楽村’を主宰。2011元ウィーンフィルコンサートマスターダニエル・ゲーデ(Vn)とモーツァルトソナタCDをリリース。2013年~2015年ピアノ室内楽シリーズ‘Andiamo’開催。絶賛され大きな話題となり、2016年より新たにAndiamo part 2 シリーズを九州、水戸、2017年東京で開始。2020年より川口リリア催し広場にて‘リリアの室内楽’プロデュース。現在FM川口E-friends~世界へ羽ばたく音楽家たち~パーソナリティーを務める。
http://eriosuka.sakura.ne.jp/
受付は終了しました

次回の講座に関してはエクステンションセンターにお問い合わせください。

PAGE TOP