東邦音楽大学東邦音楽短期大学入試NAVI

音楽とともに歩み 未来の可能性を広げよう

東邦音楽大学在学生の声

東邦音楽大学

Konzertfach(演奏専攻)

吉澤さん

キャンパスライフや先生方の印象
じっくりと自分のペースで音楽と向き合えていると感じます。先生方はどんな時でも真摯に私たちと向き合ってくださいます。
オススメ授業(レッスン)
日本でのレッスンが他の専攻より長い90分間であることと、オーストリア・ウィーンにある大学の施設で、現地の教授に学ぶことができる環境はとても魅力です。
あなたにとっての東邦はどんな場所
音楽という芸術について、濃厚に向き合える時間は一生の中でも貴重な時間です。それは辛くもありますが、とても楽しいと知ることができた場所です。

東邦音楽大学

教職実践専攻

広原さん

キャンパスライフや先生方について
先生方との距離感がとても近く感じます。大学では、仲間と演奏や勉強をしたり、地域の方々と交流しながらコミュニケーションをとったりと、日々充実しています。
オススメ授業(レッスン)
「地域創造」では吹奏楽を通して近隣の中学生と一緒に音楽を創っていくことに魅力を感じています。講師という立場で指導やアドバイスを行うので指導力の向上にも繋がっていると思います。
あなたにとっての東邦はどんな場所
学内だけでなく、小中学校での教職インターシップやさまざまな教育関係の講義が充実していて、実践的な学びができる場所だと感じています。

東邦音楽大学

ピアノ専攻

片寄さん

キャンパスライフや先生方について
先生方は、私の個性、音楽性をとても尊重してくださいます。さまざまなことを吸収したいと思う私に先生方はいつも必ず応えてくださいます。
オススメ授業(レッスン)
ピアノ専攻生のみが履修できる「チェンバロ研究」です。演奏法から調律の仕方、通奏低音まで学べ、ピアノでバロック音楽を演奏する時に活かすことができました。
あなたにとっての東邦はどんな場所
アットホームな雰囲気の中で、自分に甘えず、常に向上心を持ってひたむきに音楽と向き合える場所。東邦は学生みんなにチャンスを与えてくれます。

東邦音楽大学

管弦打楽器専攻

野口さん

キャンパスライフや先生方について
練習環境にとても恵まれていると感じます。少人数制なので先生方との距離も近く感じます。
オススメ授業(レッスン)
先生と一対一のレッスンはもちろんですが、トロンボーンの学生全員で受けるレッスンもあり、向上心が高まります。自分の表現を最大限に活かせるようレッスンに臨んでいます。
あなたにとっての東邦はどんな場所
悩みがあっても一緒に努力する仲間、相談に乗ってくれる先生や先輩がいて心強い場所です。

東邦音楽大学

管弦打楽器専攻

豊島さん

キャンパスライフや先生方について
地元のジュニアオーケストラに東邦音楽大学の卒業生や在学中の先輩方が在籍しており、東邦はとても暖かいところというお話は入学前から聞いていました。先生方や先輩方、同級生は優しい人が多いです。
オススメ授業(レッスン)
オーケストラの授業では短大の履修生も川越キャンパスに移動し、大学生と一緒に受講します。数十人で複数の楽器が同時に合わさり1つの音楽を作る、オーケストラならではの感覚がとても好きです。ソロでは学べないものを多く学べます。
あなたにとっての東邦はどんな場所
音楽を学びやすい場所です。弦楽器の先生方と一緒に演奏できる授業もありますので、その場で指導をして頂けますし、技法なども教えて下さいます。間近で先生の演奏に触れながら勉強できる機会は貴重だと思います。

東邦音楽短期大学

器楽専攻ピアノコース

曽根原さん

キャンパスライフや先生方について
先生方はとても優しくて、一人ひとりに丁寧な指導をしてくださるので、音楽に前向きに取り組むことができます。学生たちは明るくてみんな仲が良いです。専攻はそれぞれ違いますが、みんなとても音楽が好きで、真剣に向き合っているなと感じます。
オススメ授業(レッスン)
アンサンブルの授業が好きです。普段ピアノは1人で弾くことが多いですが、4手連弾を体験し、2人で音楽を創ることを学べます。さまざまな時代の曲も弾けますし、普段あまり体験することができないので、魅力を感じます。
あなたにとっての東邦はどんな場所
私にとって東邦音楽短期大学は、自分の演奏技術を磨ける環境の整った素敵な場所です。

東邦音楽短期大学

器楽専攻

ピアノ指導者コース

田沼さん

キャンパスライフや先生方について
先生方は学生一人ひとりのことを大切にしてくれますし、常に笑顔でいる先生が多いと思います。学生同士は専攻を超えてコミュニケーションをとったり、個性を認め合ったりしています。
オススメ授業(レッスン)
リトミックの授業では幼児にどんな形で音楽を教えていくか、年齢にあった指導はどんなものなのかを考えます。考えていくことがどんどん楽しくなり、興味を持つようになりました。
あなたにとっての東邦はどんな場所
レッスンのときは楽曲と真正面から向き合い、作曲家の想いや時代背景を考えたり、リトミックのときは子供の目線から音楽をみて、音楽の楽しさや身体でリズムを感じたりと、音楽というものをさまざまな視点から見ることができる場所だと思います。人間性もとても優れている先生方に教わりながら自分の人間性も高められる場所であると思います。

東邦音楽短期大学

声楽専攻

黒坂さん

キャンパスライフや先生方について
先生方との距離感が、良い意味で近いと私は感じています。練習室が沢山あるので、空き時間や放課後などにじっくりと音楽を深めることが出来ます。
オススメ授業(レッスン)
主専攻のレッスンはもちろんなのですが、音楽史で過去のことを学ぶのは大切だと思います。過去の事を学び、理解した上で、今後自分の演奏にどう生かしていくか等を考えます。また、曲への理解も深まります。
あなたにとっての東邦はどんな場所
アットホームな雰囲気の中でも、しっかりと基礎から音楽を学ぶ事ができ、向上心を持って音楽と向き合える、そんな素敵な場所です。

東邦音楽短期大学

器楽専攻ピアノコース

詫摩さん

キャンパスライフや先生方について
東邦音楽短大には社会人の先輩たちが大変多く、先輩たちが気軽に声をかけてくれて大学に慣れやすいように助けてくださいました。また、同期の社会人の方たちはもちろん、現役の若い学生の方たちとも少しずつ親しくなっていくにつれて、わからないことを教え合ったり、授業やレッスンのことで励まし合ったりして、いつの間にか自分が自然に学校に溶け込んでいました。
オススメ授業(レッスン)
私は4歳からずっとピアノを断続的に習ってきたのですが、ソルフェージュや楽典はほとんど習ったことがなかったので、授業でそれらを一から体系的に学べることが大きな魅力だと感じています。理論的にきちんと理解して改めて深く学ぶことができるのは非常に嬉しく、楽譜を新たな目で見ることができるので役立っています。
あなたにとっての東邦はどんな場所
東邦音楽短期大学は、音楽を愛する人誰もが学べる場です。若い学生も年齢を経た社会人も、音楽を愛して努力したい人を喜んで迎え入れてくれるということを、私は身をもって知りました。不安があれば先生や先輩たちが助けてくれますし、また、素晴らしい先生方から学ぶレッスンや授業の醍醐味は、入学してみないとわからない宝のような時間だと思います。

東邦音楽短期大学

器楽専攻

電子オルガンコース

水田さん

キャンパスライフや先生方について
東邦に入りたいというのは高校生の頃から思っていましたが、実際にレッスンを受けてみて、この学校でもっと学びたいと思いました。みんな優しくて、面白くて、フレンドリーです。
オススメ授業(レッスン)
先生は一人ひとりに合わせてレッスンをして下さいます。演奏についてさまざまな方向から指摘してくださり、分からないことは分かるまで丁寧に教えてくださいます。電子オルガンは専門の授業が多いため自主練習が大変ですが、1回1回新しいことをできるようになりたいと思い、一生懸命取り組んでいます。
あなたにとっての東邦はどんな場所
自分自身を成長させるための場所です。外部での発表の機会をいただいたり、コンサートなど演奏の機会をいただいたりすることも多いので、積極的に参加させていただいています。

東邦音楽大学へのアクセス

文京キャンパス

〒112-0012
東京都文京区大塚4丁目46-9

  • 東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅下車、徒歩3分
  • 東京メトロ有楽町線「護国寺」駅下車、徒歩8分
  • JR「大塚」駅下車、徒歩10分または
    都バス「大塚 4丁目」下車、徒歩1分

川越キャンパス

〒350-0015
埼玉県川越市今泉84

  • JR埼京線・川越線「南古谷」駅下車
    スクールバスで約3分、または徒歩約10分
  • 東武東上線「上福岡」駅 東口より
    ・川越キャンパス行きスクールバス乗車、約12分
    ・西武バス 古01「南古谷駅」行き乗車、
    「東邦音楽大学前」下車、徒歩1分