演奏活動

演奏活動

弦楽・ウインドオーケストラ

弦楽合奏

弦楽合奏

中学生と高校生のメンバーからなる弦楽合奏は、白井英治先生指導のもと日々練習に励んでいます。東邦音楽大学グランツザールや公共ホールでの定期研究発表演奏会は、日頃の成果を披露する大きなステージ。メンバーみんなが切磋琢磨し合い、創り上げるステージは、感動もひとしおです。
指揮:白井 英治

ウインドオーケストラ

ウインドオーケストラ

東邦中学校と東邦高等学校のウインドオーケストラは、藤井完先生指揮のもと日々練習に励んでいます。中学生、高校生からなるメンバーは、先輩後輩の枠を超えひとつにまとまった演奏をお届けしています。経験豊富な先生のタクトに合わせて東邦祭や定期研究発表演奏会のステージで演奏しています。
指揮:藤井 完

定期研究発表演奏会

定期研究発表演奏会

定期研究発表演奏会は、本学園の演奏活動のひとつ。毎年数回開催し、川越キャンパスにある音楽ホール「東邦音楽大学グランツザール」では、ソロの演奏だけでなく合唱や弦楽合奏、ウインドオーケストラとさまざまなかたちで音楽を奏でています。生徒たちは練習と本番での演奏を通じて、みんなで音楽を創り上げていく楽しさや人前で演奏する喜び、達成感を覚えます。
また、東邦音楽大学・東邦音楽短期大学生によるソロやオーケストラ、ウインドオーケストラの定期研究発表演奏会では、先輩方の迫力あるサウンドと繊細な響きに耳を傾ける“聴いて学ぶ”機会もあります。

トーチランコンサート

トーチランコンサート

本校生徒が「ユネスコパートナーシップ事業『ユネスコ平和芸術家 城之内ミサ 世界遺産トーチランコンサート』」に出演しています。国連機関「ユネスコ」本部(パリ市)より、ユネスコ平和芸術家・城之内ミサ先生(東邦音楽短期大学特任教授)を通じて演奏の機会を与えて頂いているものです。
このチャリティイベントは『未来の子どもたちへ美しい心と地球を残す』『世界の子どもたちの笑顔のために』をスローガンに、城之内先生の作曲された「Peace of mind」をテーマ曲にし、世界中の子どもたちとユネスコ本部を通して繋がる教育キャンペーン『Peace of mindキャンペーン』というものです。

クラシックコンサート

定期研究発表演奏会

東邦中学校・東邦高等学校の生徒と教員によるクラシックコンサート、「東京さくらトラム(都電荒川線)沿線の文化と景観を後世に残す」を近年、北とぴあ・つつじホールにて開催しています。 本公演は、世界遺産トーチランコンサートの一環として、NPOユネスコパートナーシップ世界遺産トーチランコンサート協会のご支援とでご協力をいただき、東京さくらトラムの沿線等の四季折々の写真や映像により、景観と文化、そして人々の営みをクラシック音楽を通して地域の方々にもお伝えするコンサートです。 ユネスコ平和芸術家・城之内ミサ先生(東邦音楽大学特任教授)の企画立案により、東京都交通局様、北区教育委員会様、公益財団法人北区文化財団様からのご後援をいただいて実施しています。

PAGE TOP