教育理念

教育理念

三室戸学園の「建学の精神」及び沿革

  1. 三室戸学園は、学祖三室戸敬光が昭和9年11月東京都文京区に「東京高等音楽学院大塚分教場」を開設、昭和13年2月に三室戸為光がこれを分離独立の上継承し「東邦音楽学校」と改称した時に始まる。
    以来78年にわたり『音楽芸術研鑽の一貫教育を通じ、情操豊かな人格形成を目途とする』ことを建学の精神として掲げ、伝統ある音楽大学にふさわしい教育・研究環境を整備し、中学校から大学・大学院までの音楽における一貫教育を実践し、内外に誇れる音楽教育のための学園として発展し、今日に至っている。
  2. 学園は、教育内容の充実と同時に教育環境の整備にも力を入れており、川越キャンパスにおいては平成16年に音楽ホール「東邦音楽大学グランツザール」を、平成20年に学園創立70周年記念事業の一環として、多目的ホールやレッスン室、講義室、学生ラウンジ及びレストランを備えた70周年記念館(16号館)を建設した。
    さらに、平成30年度に学園創立80周年を迎えるに当たって音楽芸術・教育活動の場としてふさわしい環境づくりに努める。
    学園の施設の素晴らしさについては、「東邦音楽学校三室戸記念館」(学園創設時の建物で、昭和43年に文京キャンパスより川越キャンパスに移設)が、平成17年に川越市百選に選定され川越市重要建築物に指定されているほか、「東邦音楽大学グランツザール」は埼玉県彩の国景観賞及び川越市都市景観デザイン賞を受賞。また、70周年記念館(16号館)は、平成22年度の我が国の優秀な建築物に授与される「BCS 賞(建築業協会賞)」に選定されるなど、いずれも優れた教育施設として広く賞賛を浴びている。
  3. また、オペラ公演は開催ごとに高い評価を受けており、平成23年度には五島記念文化財団及び目黒区芸術文化振興財団との共催により『魔笛』を大学オペラとしては稀有の5公演を、平成25年度は、学園創立75周年の記念事業として、特別記念演奏会をめぐろパーシモンホールにおいて行ったほか、平成23年度に引き続き五島記念文化財団及び目黒区芸術文化振興財団との共催により、オペラ『フィガロの結婚』を総監督「佐浦國雄」、演出「粟国 淳」氏によりめぐろパーシモンホールで公演し、音楽関係者から高い評価を得るとともに、東邦のオペラを多くの方々に強く印象づけた。

東邦音楽大学附属 東邦中学校

東邦中学校では、生徒の人間としての調和の取れた育成を目指すと共に、義務教育の目標を踏まえ、次に示す「学力」の定着を図っています。
● 基本として身につける各教科の「学力」
  1. 基礎的・基本的な知識・技能
  2. 知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
  3. 主体的に学習に取り組む態度
● 音楽実技

生徒一人ひとりと十分なコミュニケーションを図り、個々の能力に合わせた選曲など学習意欲を引き出すことができる指導を行います。

PAGE TOP