S-19 管楽器の呼吸法


日時 1/12(土)
(全1回)13:00 ~ 15:00
会場 文京キャンパス
受講料 3,000円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 70名
内容 従来、管楽器教育においてアンブシュア(口周囲のバランス)と呼吸法の問題は分けて考えられ教えられてきました。しかし、実際には呼吸筋、喉、舌、アンブシュアは相互に関連しているので、生徒の多くが勘違いで困難に直面することになります。また、現状では容易に「腹式呼吸」という言葉が使われています。本来の「腹式呼吸」とは何かを知り、誤解を解くことによっていかに管楽器演奏が楽になるかを解ってもらいたいと思います。
持参物 筆記用具
楽器
担当講師 藤井 完(ふじい ゆたか)
東邦音楽大学講師
トランペット奏者。東京アーバンブラスアンサンブル主宰。著書、「朝練・管楽器の呼吸法」「朝練・トランペット」(全音楽譜出版社刊)
PAGE TOP