S-9 楽譜作成ソフトウェアSibelius を使ってみよう!続編 〜作・編曲のアイディアをより詳細に伝える〜

 


日時 5/23(土)(全1回)
13:30 ~ 18:30
会場 文京キャンパス
受講料 一般9,150円/本学在学生4,050円
*公開講座の入会金は不要です。
*受講料には、消費税が含まれております。
*定員に満たない場合は、開講できないことがございます。
*開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
定員 15名
内容 「楽譜作成ソフトウェアSibelius を使ってみよう!基本操作編 」の続編です。基本操作編で学んだことをもとに、より細かな音楽表現を楽譜に取り込みます。楽器にはそれぞれ特有の表現や記譜方法があります。そうした表現を含んだ楽譜を、主にピアノ曲を用いて作成していきます。
目的 楽器や編成に応じて、音楽表現に必要な情報を譜面化すること。
譜面情報での表現の幅を広げて「読む人に伝わりやすい楽譜」を作れること。※ 原則として「楽譜作成ソフトウェアSibelius を使ってみよう!基本操作編」を既に受講された方を対象とさせていただきます。
講座日程 5/23(土)
・Sibeliusの基本操作の確認

 -少し複雑なPiano譜の作成
-装飾音の入力
-声部を使い分ける
-楽譜レイアウトの調整
-譜表をまたぐ音符
-音符や記号の細やかな調整(インスペクタの利用)
-PDFファイルや音声ファイルへの変換
持参物 データを保存するためのUSB メモリ(2GB 程度の空き容量があるもの)
筆記用具(テキストは講義時に配布)
担当講師 湯浅 恭子(ゆあさ きょうこ)
東邦音楽大学講師
東邦音楽大学附属高等学校講師
第二高等学校講師
7歳よりピアノを始める。常見澄子氏に師事。二松学舎大学文学部国文学科卒業。大学卒業後商事会社に10年勤めるが、音楽の道を志し退職。二本柳一明氏に師事し、Jazz Harmony・ピアノの指導を受ける。佐倉繁氏に師事。作編曲・音楽制作について学ぶ。東邦音楽大学、同附属高等学校、第二高等学校講師。
PAGE TOP