[片岡 啓子]

音楽研究科長・図書館長・声楽主任・特任教授

片岡 啓子
片岡 啓子Keiko Kataoka
役職 :
音楽研究科長・図書館長・声楽主任・特任教授
専攻 :
声楽
担当科目 :
  • 大学院:声楽特別演習 /作品研究[外国歌曲]/作品研究[オペラ]/アンサンブル表現研究[声楽]
  • 大学:声楽/オペラ研究
  • 短期大学:声楽
  • その他:東邦高等学校講師

●プロフィール

国立音楽大学卒業。ミラノ・スカラ座歌手養成所修了。畑中良輔・畑中更予・グアリーニ・ベルトラミの各氏に師事。1978年文化庁在外派遣としてミラノ留学。1979年ヴェルディ国際声楽コンクール第3位(1位なし)、1980年パルマ国際声楽コンクール第2位、1980年トレヴィーゾ国際コンクール第1位。二期会公演「トロヴァトーレ」にて第8回ジローオペラ賞受賞。1981年パルマ王立歌劇場ヴェルディ「アルツィーラ」でデビュー後イタリアを中心に「アッティラ」「ナブッコ」「アイーダ」「ドン・カルロ」等出演。日本では、二期会、藤原歌劇団公演にて「仮面舞踏会」「トスカ」「蝶々婦人」「トゥーランドット」他多数のオペラ公演出演。イタリアオペラのプリマドンナ[ヴェルディ歌いの声]と評され人気実力とも日本を代表するソプラノ歌手の一人である。

●レッスン・授業における指導方針

基本に忠実に、自然な呼吸と美しい響きで発声すること、そしてそれぞれの国の言語の母音・子音を大切にし、学生ひとりひとりが自由で伸びやかな表現が出来るように目指します。

●メッセージ

どんな音楽が好きですか?どんな演奏家が理想・憧れですか?私が学生の頃にはヨーロッパに行って学び、その地で演奏活動する事が大きな憧れでした。現在は日本に居ても、多くの素晴らしい音に接する機会が増えました。(かえって多すぎて選択するのに迷うかもしれませんね)どうぞ、理想・目標を持って、多少の困難には負けないで、真っすぐに進んで行って下さい!

PAGE TOP