定期研究発表会【ソロの部】が開催されました

10月10日(土)、東邦音楽大学グランツザール(川越キャンパス)におきまして、附属中高と第二高校、大学と短期大学の学生生徒たちによる、第213回定期研究発表会【ソロの部】が開催され、演奏が披露されました。第1部は中高二高、第2部は短大および大学という2部構成での演奏会でした。

今春以降のコロナ禍による難しい状況の中、入場者数の制限など感染症拡大防止のための様々な対策を行っての実施となりましたが、無事に演奏会当日を迎えられ、学生生徒たちはさぞかし安堵したことでしょう。
音楽を奏でる喜び、音楽を聴く幸せ。会場全体が期待に満ち、素晴らしい熱演が感動へと導いてくれました。観客の拍手の温かさも格別でした。私たちに音楽と共に生きる希望と未来をあらためて感じさせてくれる、貴重な機会となりました。

ピアノ専攻生たちも多数出演しました。当日のプログラムから、ピアノ独奏の出演者と曲目を以下にご紹介します。

第1部より

本多愛華(中3) ワルツ第5番イ長調 作品42/F.ショパン


野口満理奈(高3) 3つの演奏会練習曲より 3.ため息/F.リスト


廣澤青空(二高3) ソナタ第23番ヘ短調 作品57 熱情 終楽章/L.v.ベートーヴェン


菅井あゆむ(高3) ソナタ第3番ヘ短調 作品5 第一楽章/J.ブラームス

第2部より


瀬戸凛々花(短2) シャブリエ風に
          〜グノーのアリアによるパラフレーズ/M.ラヴェル


高橋沙果(大4) メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」よりスケルツォ/S.ラフマニノフ


谷嶋望友(大4) ピアノソナタ第26番変ホ長調 作品81a 第一楽章/L.v.ベートーヴェン

このような意欲的なプログラムとなりました。出演者の方々、本当にお疲れさまでした。

今回もピアノダイアリーをご覧いただき、ありがとうございました。
ぜひ引き続き応援くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

ごあいさつ

はじめまして。今年度から専任講師に就任いたしました中島剛でございます。微力ではございますが東邦音楽大学の卒業生として貢献出来るよう、皆様のご助言のもとお役に立ちたいと思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

2ヶ月近く続いた長い梅雨も8月に入ると嘘のように連日猛暑が続き、本来であれば東京2020オリンピック・パラリンピック開催、夏の音楽祭、花火等様々な夏の風物詩を感じられる季節だったのですが、周知の通り猛暑の中マスクもしながらという今までに経験したことのない生活が続いています。試行錯誤しながらのオンラインレッスンでは音楽をするうえでは様々な問題があり、今後模索しながらベストな方法を見つけて行きたいと思います。
対面レッスンでは3密を避け、感染症対策に万全を期しております。学生、教員も血が通ったレッスンの喜びを改めて実感いたしました。
with コロナの時代、例年とは違いスケジュールも不規則になりますが、教員一同、細心の注意をしながら学生が音楽と向き合える環境を全力でサポートしていきたいと思います。

「明けない夜はない」「止まない雨はない」
一日も早い収束を心より願っております。

専任講師 中島剛

本学YouTubeチャンネルにて、中島剛先生によるレッスンアドバイス動画を公開中です。是非ご覧ください。


東邦音楽大学・ピアノ専攻 教員メッセージ&レッスンアドバイス vol.1


東邦音楽大学・ピアノ専攻 教員メッセージ&レッスンアドバイス vol.2

東邦音楽大学のYouTubeチャンネルは こちら

夏の日と、バッハのフーガ

長い梅雨が明けると一転して猛暑となりました。
新型コロナウイルス感染拡大への懸念から、自由に旅行や外出を楽しむこともままならない中、改めて音楽に親しむことのできる日常というものの貴重さに思いを寄せる今日このごろです。

そんな中、学生たちは前期実技試験に向けて練習にますます熱が入っています。

本学では様々な角度から、ピアノにおける「時代様式に基づく演奏」への追求を行っています。
ピアノ実技試験では、大学1、2年と短期大学1年において演奏する時代様式を指定し、それぞれの時代の音楽の特徴やその背景について理解を深めることとしています。

例えば大学2年前期の課題は「バロック期」です。
バロック期はヨーロッパにおいて鍵盤音楽の花が大きく開いた時代。同じ1685年生まれの大バッハ、ヘンデル、スカルラッティら、多くの大作曲家たちが活躍しました。

バロック期を代表する「音楽の父」J.S.バッハ。その偉大さは誰しもが知るところですが、これを試験で演奏するとなると気が進まないと感じる人も多いのではないでしょうか。特に、多声部音楽の象徴ともいえる「フーガ」は非常に譜読みや暗譜が難しいものです。
この暑い夏の日々、じっくりと時間をかけてバッハのフーガに取り組んでいる学生たちも多いです。

フーガに取り組むことは、音楽家としての能力と教養を高めることにつながります。
「和声法」と並んで西洋音楽の重要な技法のひとつである「対位法」は、それぞれの旋律の独立性を生かしながらそれらを重ね合わせ、調和させるというもので、フーガにおいてはこれが精密な時計のように進行していきます。

譜読みを始めたころは捉えどころがないように思えた音が、曲を分析、理解し、イメージを作り上げていくことによって、徐々に各声部それぞれの魅力が浮かび上がり、調和していきます。それは何か地球の自然界の調和のようでもあり、宇宙の天体が醸し出すハーモニーにも似ています。

当時の社会、文化や、親しまれていた楽器について研究してみることも、演奏表現に役立つだけでなく、そのこと自体がとても興味深いものです。本学には、当時幅広く親しまれていた楽器である「クラヴィコード」が2台あります。普段ピアノで練習している曲をクラヴィコードで弾いてみると、モーターもエンジンもなかった時代、人々が聴いていた音の世界がどのようなものであったかを思い浮かべることができます。

東邦ピアノセミナーについて ~講座2担当予定の小林律子准教授よりごあいさつ~

 いつも東邦ピアノセミナーにご参加、ご声援をいただきありがとうございます。
今年は「ベートーヴェン・イヤー」として、世界中で彼にまつわる様々なコンサートやイベントが盛大に行われるはずでした。ところが、それらは新型コロナ感染症拡大のために次々と中止や延期を強いられています。
まさに音楽界にとっては火の消えた様な日々。本当に残念でなりません。
私たちの「東邦ピアノセミナー」についても、今回は開催を中止せざるを得ないという判断に至りました。すでに講座にお申込みいただいた方もいらっしゃる中、このような決定をするのは大変心苦しいことでした。
来年度はベートーヴェン生誕251年目となりますが、東邦ピアノセミナー講座2「ベートーヴェンを弾く ~初期の作品から見えてくるもの~」を必ず行いたいと考えております。時が過ぎて、また屈託なく音楽を楽しむことができる日常が戻り、皆さまとお会いできることを心待ちにしています。

東邦ピアノセミナー 講座2講師
小林律子

東邦ピアノセミナーについて ~講座1担当予定の中島裕紀教授よりごあいさつ~

 みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 毎年この時期に開催しております東邦ピアノセミナーは、今年度で14回目を迎える予定でございましたが、今般の感染症の状況を鑑み、今年度の開催を見合わせ、来年度改めて第14回東邦ピアノセミナーとして開催する運びとなりました。
 この東邦ピアノセミナーは、これまでご参加くださるみなさまと、私たちがともに育ててきました研究の歩みのようなものであり、私たちは常にピアノに関わる最先端の情報をお届けできるように尽力してまいりました。今年度開催できないことは非常に残念ではございますが、来年度に向け、さらに良い内容、新たな内容を目指して、研究を進めていく所存でおります。それまでしばらくの間、楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。
 かのアルトゥール・ルービンシュタインが40代半ば過ぎに、演奏を一時中断してテクニックの見直しに取り組んだ話は有名です。ピアノを演奏する者、そしてピアノを指導する者にとって、自らのテクニック、指導すべきテクニックの方向性を見つめていくことは、ある意味永遠の命題のようなものかもしれません。来年改めて開催いたします講座1「心に響く演奏をめざして〜表現を高めるためのテクニック・その3〜」にどうかご期待ください。
 そして何よりも、みなさまと健康で、笑顔でまたお会いできますことを心から願っております。

東邦ピアノセミナー 講座1講師
中島裕紀

ごあいさつ

緊急事態宣言発令の中、令和2年度が始まりました。しかし入学式も新年度に向けてのオリエンテーションも中止、学校がいつ再開されるかも分からず、学生達はどうしているか、新入生は大丈夫だろうかと、とても気掛かりな日々でした。
5月半ばにオンラインによる授業とレッスンが開始。私が担当しているピアノ専攻の2・3年生を対象にしたソルフェージュ(初見・移調)もオンラインで始まりました。画面を通して久しぶりに会った学生達は、目を輝かせ真剣そのもの。学生達がきちんとモチベーションを保っていたことは大きな喜びでした。オンラインによるレッスンは出来ることに限界があり、専門教育として踏み込んでいくことには無理がありましたが、普段時間をかけることの出来ない基礎的な奏法を見直すには絶好の機会となりました。その際、役に立ったのが本学で作成したテキスト「表現を高めるための毎日のピアノエクササイズ」です。さまざまな使い方が可能ですので、教員それぞれが工夫をして活用していたようです。またソルフェージュでも全員が所持しているこのテキストは、大いに役に立ちました。

今月から「マスク着用」「手洗い」「換気」「学生との距離」など、細心の注意をしながら対面でのレッスンが始まりました。学生達は、いつもにも増してニコニコしているように感じます。ある学生が言った「先生、やっぱり学校はいいです!」の言葉は、皆の気持ちそのものでしょう。
今年度は、例年とは異なるスケジュールで進みますが、学生達がさらに十分な学びが出来ますよう、教員も気を引き締めてしっかり向き合いたいと思っています。

                           ピアノ専攻主任
大場 文惠

今年度を振り返って

令和元年度も、あと半月ほどで終わろうとしています。新年度が始まってすぐの5月に、年号が令和と改められました。
今年度は「東邦祭」に代わる催しとして「東邦ミュージック・フェスティバル」が10月に2日間開催されることになり、ピアノ科として6月頃から周到に準備を重ねていました。
しかし前日、関東地方が台風19号に見舞われ、初日が中止になってしまいました。幸いその代わりに、11月に「ピアノアンサンブルコンサート~華麗なる音の競演」を開催することができ、学生達は演奏を披露いたしました。

また後期試験が終わった2月初旬から、新型コロナウイルス肺炎が俄かに感染拡大し、身近な問題となりました。
感染防止のために次々と催しが縮小あるいは中止となる中、3月14日(土)に卒業代表演奏会を行いました。
ただし聴衆は教員のみという異例の形での開催です。しかし、このような状況で学生達はどんなに張り合いのないことかと考えていた教員の心配をよそに、全員が見事力演。教員からは「どのような状況であっても、音楽に掛ける情熱と表現することへの集中力を強く持って音楽に向き合っている姿に感動した」と多数の声が、出演者達からは「先生方の拍手が温かかった」との声もあり、この教員と学生の関係こそ「東邦の宝」であると、改めて感じました。
このように今年度は思わぬ出来事に見舞われた1年でした。
来年度は平穏無事で学生達が安心して学べる年となりますよう、心より祈っています。

ピアノ専攻主任 大場文惠

「マーティン・ヒューズ教授 ピアノリサイタル」および「マスタークラス公開レッスン」は開催を延期いたします。

2月24日(月・祝)に予定しておりました「マーティン・ヒューズ教授ピアノリサイタル」および、2月26日(水)に予定しておりました「マスタークラス公開レッスン」は、出演者のご都合により開催を延期することとなりました。
新しい開催日については決定次第ご案内申し上げます。

マーティン・ヒューズ教授のリサイタル・公開レッスンが開催されます。

来る2020年2月24日(月・祝)、26日(水)両日、東邦ウィーンアカデミーにてKonzertfach(演奏専攻)ピアノの教鞭を執られているマーティン・ヒューズ先生のリサイタルと公開レッスンが、東邦音楽大学川越キャンパスにて開催される運びとなりました。

マーティン・ヒューズ教授は、パリのコンセルヴァトワールにてイヴォンヌ・ルフェーブルに、また、モスクワのチャイコフスキー国立音楽院にてレフ・オボーリンにそれぞれ師事、さらにベンジャミン・ブリテン、ヴィルヘルム・ケンプら、伝説的な巨匠の元で研鑽を積まれました。

世界的なピアニストとして多忙な演奏活動を行う一方、これまでにベルリン国立芸術大学ピアノ科教授、ウィーン国立音楽大学正教授ピアノ・コンサート科主任、同大学鍵盤楽器研究所所長という、鍵盤音楽における最高峰の役職を歴任され、現在はオーストリア共和国終身大学名誉正教授として世界中でリサイタル、マスターコース、講義等を行っています。

この度、東邦音楽大学にマーティン・ヒューズ教授をお招きしリサイタルと公開レッスンを拝聴できることは誠に幸甚です。ぜひ多くの方々とともにこの貴重な時間を過ごしたいと願っております。

入場整理券(無料)は、本学HPにてお申込みいただけます。
詳細・お申込みにつきましてはページ下部のリンクよりご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。

2020年2月24日(月・祝)マーティン・ヒューズ教授 ピアノリサイタル
17:00開演(16:30開場)

会場:東邦音楽大学グランツザール(川越キャンパス)

2020年2月26日(水) マーティン・ヒューズ教授ピアノ・マスタークラス公開レッスン
10:00~13:00

会場:東邦音楽大学川越キャンパス内
受講生:安田 友利さん Konzertfach(演奏専攻)卒業生
受講曲:ベートーヴェン ソナタ 第11番
L.v.Beethoven Sonata No.11 Bdur Op.22
受講生:塚越恭平さん Konzertfach(演奏専攻)卒業生
ラフマニノフ / ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36
Sergei Rachmaninov /Piano Sonata No.2 b-moll Op.36

 詳細・お申込みについてはこちら

今年もピアノダイアリーをよろしくお願いいたします。

令和初めてのお正月 皆様いかがお過ごしでしたか?

さて、松も開け授業やレッスンも再開されました。後期も残り少なくなり、学生たちは年度末に向けてラストスパートに入る時期です。
写真は川越キャンパス16号館西側のウイングです。ここには1階から3階までグランドピアノを備えた練習室が設けられています。学生たちは後期実技試験に向けて、ますます練習に熱が入っていることでしょう。

特に大学4年生の試験では大曲に挑戦する学生も多いです。入学時には不安いっぱいだった学生が充実した4年間を過ごし、大きく成長した演奏を聴かせてくれると、教員としても感慨深い時間となります!
今年も、顔つきも姿勢も真剣味の増してきた彼らに期待しています。

最近の、「いいね」をピッと押しておしまい・・とは一味違う、もっと深い本物の感動を感じられる、また与えられる学生が一人でも多く育ってくれるよう、今年もピアノ教員一同力を合わせて前進いたします。
新しい1年もピアノダイアリーをどうぞよろしくお願いいたします。