東邦ピアノセミナーについて ~講座2担当予定の小林律子准教授よりごあいさつ~

 いつも東邦ピアノセミナーにご参加、ご声援をいただきありがとうございます。
今年は「ベートーヴェン・イヤー」として、世界中で彼にまつわる様々なコンサートやイベントが盛大に行われるはずでした。ところが、それらは新型コロナ感染症拡大のために次々と中止や延期を強いられています。
まさに音楽界にとっては火の消えた様な日々。本当に残念でなりません。
私たちの「東邦ピアノセミナー」についても、今回は開催を中止せざるを得ないという判断に至りました。すでに講座にお申込みいただいた方もいらっしゃる中、このような決定をするのは大変心苦しいことでした。
来年度はベートーヴェン生誕251年目となりますが、東邦ピアノセミナー講座2「ベートーヴェンを弾く ~初期の作品から見えてくるもの~」を必ず行いたいと考えております。時が過ぎて、また屈託なく音楽を楽しむことができる日常が戻り、皆さまとお会いできることを心待ちにしています。

東邦ピアノセミナー 講座2講師
小林律子

東邦ピアノセミナーについて ~講座1担当予定の中島裕紀教授よりごあいさつ~

 みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 毎年この時期に開催しております東邦ピアノセミナーは、今年度で14回目を迎える予定でございましたが、今般の感染症の状況を鑑み、今年度の開催を見合わせ、来年度改めて第14回東邦ピアノセミナーとして開催する運びとなりました。
 この東邦ピアノセミナーは、これまでご参加くださるみなさまと、私たちがともに育ててきました研究の歩みのようなものであり、私たちは常にピアノに関わる最先端の情報をお届けできるように尽力してまいりました。今年度開催できないことは非常に残念ではございますが、来年度に向け、さらに良い内容、新たな内容を目指して、研究を進めていく所存でおります。それまでしばらくの間、楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。
 かのアルトゥール・ルービンシュタインが40代半ば過ぎに、演奏を一時中断してテクニックの見直しに取り組んだ話は有名です。ピアノを演奏する者、そしてピアノを指導する者にとって、自らのテクニック、指導すべきテクニックの方向性を見つめていくことは、ある意味永遠の命題のようなものかもしれません。来年改めて開催いたします講座1「心に響く演奏をめざして〜表現を高めるためのテクニック・その3〜」にどうかご期待ください。
 そして何よりも、みなさまと健康で、笑顔でまたお会いできますことを心から願っております。

東邦ピアノセミナー 講座1講師
中島裕紀

ごあいさつ

緊急事態宣言発令の中、令和2年度が始まりました。しかし入学式も新年度に向けてのオリエンテーションも中止、学校がいつ再開されるかも分からず、学生達はどうしているか、新入生は大丈夫だろうかと、とても気掛かりな日々でした。
5月半ばにオンラインによる授業とレッスンが開始。私が担当しているピアノ専攻の2・3年生を対象にしたソルフェージュ(初見・移調)もオンラインで始まりました。画面を通して久しぶりに会った学生達は、目を輝かせ真剣そのもの。学生達がきちんとモチベーションを保っていたことは大きな喜びでした。オンラインによるレッスンは出来ることに限界があり、専門教育として踏み込んでいくことには無理がありましたが、普段時間をかけることの出来ない基礎的な奏法を見直すには絶好の機会となりました。その際、役に立ったのが本学で作成したテキスト「表現を高めるための毎日のピアノエクササイズ」です。さまざまな使い方が可能ですので、教員それぞれが工夫をして活用していたようです。またソルフェージュでも全員が所持しているこのテキストは、大いに役に立ちました。

今月から「マスク着用」「手洗い」「換気」「学生との距離」など、細心の注意をしながら対面でのレッスンが始まりました。学生達は、いつもにも増してニコニコしているように感じます。ある学生が言った「先生、やっぱり学校はいいです!」の言葉は、皆の気持ちそのものでしょう。
今年度は、例年とは異なるスケジュールで進みますが、学生達がさらに十分な学びが出来ますよう、教員も気を引き締めてしっかり向き合いたいと思っています。

                           ピアノ専攻主任
大場 文惠

今年度を振り返って

令和元年度も、あと半月ほどで終わろうとしています。新年度が始まってすぐの5月に、年号が令和と改められました。
今年度は「東邦祭」に代わる催しとして「東邦ミュージック・フェスティバル」が10月に2日間開催されることになり、ピアノ科として6月頃から周到に準備を重ねていました。
しかし前日、関東地方が台風19号に見舞われ、初日が中止になってしまいました。幸いその代わりに、11月に「ピアノアンサンブルコンサート~華麗なる音の競演」を開催することができ、学生達は演奏を披露いたしました。

また後期試験が終わった2月初旬から、新型コロナウイルス肺炎が俄かに感染拡大し、身近な問題となりました。
感染防止のために次々と催しが縮小あるいは中止となる中、3月14日(土)に卒業代表演奏会を行いました。
ただし聴衆は教員のみという異例の形での開催です。しかし、このような状況で学生達はどんなに張り合いのないことかと考えていた教員の心配をよそに、全員が見事力演。教員からは「どのような状況であっても、音楽に掛ける情熱と表現することへの集中力を強く持って音楽に向き合っている姿に感動した」と多数の声が、出演者達からは「先生方の拍手が温かかった」との声もあり、この教員と学生の関係こそ「東邦の宝」であると、改めて感じました。
このように今年度は思わぬ出来事に見舞われた1年でした。
来年度は平穏無事で学生達が安心して学べる年となりますよう、心より祈っています。

ピアノ専攻主任 大場文惠

「マーティン・ヒューズ教授 ピアノリサイタル」および「マスタークラス公開レッスン」は開催を延期いたします。

2月24日(月・祝)に予定しておりました「マーティン・ヒューズ教授ピアノリサイタル」および、2月26日(水)に予定しておりました「マスタークラス公開レッスン」は、出演者のご都合により開催を延期することとなりました。
新しい開催日については決定次第ご案内申し上げます。

マーティン・ヒューズ教授のリサイタル・公開レッスンが開催されます。

来る2020年2月24日(月・祝)、26日(水)両日、東邦ウィーンアカデミーにてKonzertfach(演奏専攻)ピアノの教鞭を執られているマーティン・ヒューズ先生のリサイタルと公開レッスンが、東邦音楽大学川越キャンパスにて開催される運びとなりました。

マーティン・ヒューズ教授は、パリのコンセルヴァトワールにてイヴォンヌ・ルフェーブルに、また、モスクワのチャイコフスキー国立音楽院にてレフ・オボーリンにそれぞれ師事、さらにベンジャミン・ブリテン、ヴィルヘルム・ケンプら、伝説的な巨匠の元で研鑽を積まれました。

世界的なピアニストとして多忙な演奏活動を行う一方、これまでにベルリン国立芸術大学ピアノ科教授、ウィーン国立音楽大学正教授ピアノ・コンサート科主任、同大学鍵盤楽器研究所所長という、鍵盤音楽における最高峰の役職を歴任され、現在はオーストリア共和国終身大学名誉正教授として世界中でリサイタル、マスターコース、講義等を行っています。

この度、東邦音楽大学にマーティン・ヒューズ教授をお招きしリサイタルと公開レッスンを拝聴できることは誠に幸甚です。ぜひ多くの方々とともにこの貴重な時間を過ごしたいと願っております。

入場整理券(無料)は、本学HPにてお申込みいただけます。
詳細・お申込みにつきましてはページ下部のリンクよりご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。

2020年2月24日(月・祝)マーティン・ヒューズ教授 ピアノリサイタル
17:00開演(16:30開場)

会場:東邦音楽大学グランツザール(川越キャンパス)

2020年2月26日(水) マーティン・ヒューズ教授ピアノ・マスタークラス公開レッスン
10:00~13:00

会場:東邦音楽大学川越キャンパス内
受講生:安田 友利さん Konzertfach(演奏専攻)卒業生
受講曲:ベートーヴェン ソナタ 第11番
L.v.Beethoven Sonata No.11 Bdur Op.22
受講生:塚越恭平さん Konzertfach(演奏専攻)卒業生
ラフマニノフ / ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36
Sergei Rachmaninov /Piano Sonata No.2 b-moll Op.36

 詳細・お申込みについてはこちら

今年もピアノダイアリーをよろしくお願いいたします。

令和初めてのお正月 皆様いかがお過ごしでしたか?

さて、松も開け授業やレッスンも再開されました。後期も残り少なくなり、学生たちは年度末に向けてラストスパートに入る時期です。
写真は川越キャンパス16号館西側のウイングです。ここには1階から3階までグランドピアノを備えた練習室が設けられています。学生たちは後期実技試験に向けて、ますます練習に熱が入っていることでしょう。

特に大学4年生の試験では大曲に挑戦する学生も多いです。入学時には不安いっぱいだった学生が充実した4年間を過ごし、大きく成長した演奏を聴かせてくれると、教員としても感慨深い時間となります!
今年も、顔つきも姿勢も真剣味の増してきた彼らに期待しています。

最近の、「いいね」をピッと押しておしまい・・とは一味違う、もっと深い本物の感動を感じられる、また与えられる学生が一人でも多く育ってくれるよう、今年もピアノ教員一同力を合わせて前進いたします。
新しい1年もピアノダイアリーをどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよ第14回トライアルコンサートが開催されます!

オーディションで選ばれた学生がオーケストラと共演する「トライアルコンサート」。
今年度は、装い新たにスタートした「東邦ミュージック・フェスティバル」1日目の目玉企画として行われる予定でしたが、日本列島に大きな爪跡を残した台風19号の影響で中止となってしまいました。

しかし、このたび代替日程での開催が実現することとなりました!
2020年1月20日(月)18:00より、東邦音楽大学グランツザール(川越キャンパス)にて開催されます。

今回のピアノのソリストは、大学Konzertfach(演奏専攻)4年の吉澤木乃芽さんです。
本学特任准教授の上野正博先生指揮による東邦音楽大学管弦楽団と、W.A.モーツァルト作曲・ピアノ協奏曲第26番ニ長調K537「戴冠式」を共演します。
冬の平日夜間のコンサートとなりますが、ぜひ多くの方に学生たちの熱き思いを込めた演奏をお聴きいただければと思います。

第14回トライアルコンサート ~オーケストラとの共演~
2020年1月20日(月)18:00~19:00(入場無料)

東邦音楽大学グランツザール
管弦楽:東邦音楽大学管弦楽団
指揮:上野正博(東邦音楽大学特任准教授)
ソリスト:千本木僚汰(作曲)、西山ひかる(オーボエ)、吉澤木乃芽(ピアノ)

グランツザールにて行われているトライアルコンサート練習風景

「ピアノ公開講座」と「ピアノアンサンブルコンサート」のご案内

11月に入り、文京・川越両キャンパスからようやく秋らしい爽やかな青空が望めるようになりました。
これから年末にかけ、芸術の秋にふさわしく様々なイベントが開催される予定です。

今回のピアノダイアリーでは、11月14日(木)に行われる2つのイベントをご紹介します。

「ギグラ・カツァラヴァ先生公開講座 ~ スクリャービン-20世紀芸術プロメテウス(芸術のいくつかの側面とスクリャービンのピアニズムについて)」

日時: 2019年11月14日(木)14:20~15:50
会場: 東邦音楽大学川越キャンパス グランツザール
聴講対象: 本学大学院・大学・短期大学在学生・本学園卒業生

本学ではカリキュラムの一環として、内外の著名な音楽家による公開講座を毎年数回実施しています。
本講座は在学生に加えて本学園卒業生の方々も聴講可能です。

今回お招きするギグラ・カツァラヴァ先生はジョージア出身のピアニストです。チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院を、最高位勲章であるクラスヌイ・ディプロムを取得し卒業、その後ドイツにてワイマール・フランツ・リスト音楽大学を、最高位資格コンサート・ディプロムを取得し卒業、パリ国立高等音楽院第3課程を修了されました。現在はパリ・エコール・ノルマル音楽院ソロピアノ科の教授を務められています。
東西ヨーロッパを中心に、中東、アメリカなど世界各地で演奏活動を行い、そのレパートリーは、ロシア音楽はもちろんのこと、古典期から現代音楽まで幅広く、その綿密な研究は演奏と共に注目されています。
今回の講座は、ロシアを代表する作曲家であり、20世紀の音楽に大きな影響を与えたアレクサンドル・スクリャービンに焦点を当てた非常に興味深いタイトルです。

詳細は学園ホームページ公開講座のページをご覧ください。
こちらです。

さて、この日は公開講座に続いて、同じ会場にて在学生たちによるコンサートが開催されることになりました。

「ピアノアンサンブルコンサート ~華麗なる音の共演~」

日時: 2019年11月14日(木)16:20~17:20
会場: 東邦音楽大学川越キャンパス グランツザール

先日10月13、14両日の開催を予定していた東邦ミュージック・フェスティバルは、台風19号の影響で1日目が中止となってしまいました。この日に行われる予定だった「ピアノアンサンブルコンサート」の内容を、今回改めて皆さまにお披露目できることになりました。

このコンサートは、本学短期大学、大学、大学院の在学生によるアンサンブルコンサートです。本学在学生、本学園卒業生はもちろん、一般の方々もご入場いただけます。

~プログラム~
1.ピアノ三重奏
片寄拓海(大学4年・ピアノ) 竹部朱里(大学4年・ヴァイオリン) 坂田桃子(研究員・チェロ)
F.メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番 d-moll Op.49 第1楽章

2.ピアノ連弾
瀬山夏海(短大2年) 曽根原真理(短大2年)
J.ブラームス:ワルツ集Op.39より 第1、2、3、4、5、6、8、10、13、14、15番

3.2台ピアノ8手
今井風季(大学3年) 王成(大学3年) 佐藤渚(大学4年) 三井陽太(大学4年)
B.スメタナ:2台8手のためのソナタ e-moll

4.2台ピアノ
谷嶋望友(大学3年) 山本椎那(大学4年)
G.ガーシュウィン:ラプソディ イン ブルー

5.2台ピアノ
石井瑠美(大学院1年) 石川祐梨子(大学院1年)
G.ホルスト:組曲《惑星》Op.32より 第4曲《木星 ‐ 快楽の神》

先月のピアノダイアリーにてお知らせした、東邦ミュージック・フェスティバルでのコンサートプログラムから一部変更がありますのでご了承ください。
ぜひ秋の一日を川越キャンパスにて音楽とともにお過ごしください。皆さまのご来場をお待ちしております。

東邦ミュージック・フェスティバル2019が開催されます!

今年度から装い新たにスタートする「東邦ミュージック・フェスティバル2019」。
来る2019年10月13日(日)、14日(月・祝)の両日、東邦音楽大学川越キャンパスにて開催されます。

2日間にわたり、それぞれに趣向をこらした多数のコンサート・イベントが繰り広げられます。今回のピアノダイアリーでは、ピアノの学生が中心となって企画するコンサートのプログラムをご紹介しましょう。

「ピアノ・アンサンブルコンサート ~華麗なる音の競演~」
10月13日(日)15:00~16:00 16号館3階スタジオB

短期大学、大学、大学院の学生たちが様々な編成によるピアノアンサンブルを披露します。
人気の有名曲から知られざる名曲まで、華麗なる音の競演をお楽しみください。

~プログラム~
1.ピアノ連弾
瀬山夏海(短大2年) 曽根原真理(短大2年)
J.ブラームス:ワルツ集Op.39より 第1、2、3、4、5、6、8、10、13、14、15番

2.ピアノ三重奏
片寄拓海(大学4年・ピアノ) 竹部朱里(大学4年・ヴァイオリン) 坂田桃子(研究員・チェロ)
F.メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番 d-moll Op.49 第1楽章

3.2台ピアノ8手
今井風季(大学3年) 王成(大学3年) 佐藤渚(大学4年) 三井陽太(大学4年)
B.スメタナ:2台8手のためのソナタ e-moll

4.2台ピアノ
谷嶋望友(大学3年) 山本椎那(大学4年)
G.ガーシュウィン:ラプソディ イン ブルー

5.2台ピアノ
石井瑠美(大学院1年) 石川祐梨子(大学院1年)
G.ホルスト:組曲《惑星》Op.32より 第4曲《木星 ‐ 快楽の神》

6.2台ピアノ
浅井和音(大学院2年) 松田理世(大学院2年)
O.メシアン:《アーメンの幻影》より 第5曲《天使たち、聖人たち、鳥たちの歌のアーメン》

「ピアノの調べ ~Konzert vom Konzertfach~」
10月14日(月・祝)13:00~14:00
16号館3階スタジオB

本学Konzertfach(演奏専攻)ピアノの学生たちによるピアノソロ曲のコンサートです。聴き応えのある名曲・大曲が並んだプログラムです。

~プログラム~
1.宮本有紗(大学1年)
C.ドビュッシー:前奏曲第2集より 《ヒースの茂る荒野》《オンディーヌ》《花火》

2.平林大翔(大学1年)
C.ドビュッシー:映像第1集より 《水の反映》
N.メトネル:ソナタ三部作 Op.11より 第2番《ソナタ‐エレジー》d-moll

3.長谷川芽唯(大学3年)
武満徹:《リタニ - マイケル・ヴァイナーの追憶に》
 Ⅰ Adagio  Ⅱ Lento misterioso

4.宇佐川真由(大学3年)
S.ラフマニノフ:ソナタ第2番 b-moll Op.36 (1931年版) 第1楽章

5.片山瑶季 (大学4年)
F.ショパン:ソナタ第3番 h-moll Op.58 第1楽章

「第14回トライアルコンサート ~オーケストラとの共演~」
10月13日(日)13:30~14:30

東邦音楽大学グランツザール
管弦楽:東邦音楽大学管弦楽団
指揮:上野正博(東邦音楽大学特任准教授)
ソリスト:千本木僚汰(作曲)、西山ひかる(オーボエ)、吉澤木乃芽(ピアノ)

昨年度のトライアルコンサートの様子

オーディションによって選ばれたソリスト達がオーケストラと共演する「トライアルコンサート」が、今回「東邦ミュージック・フェスティバル2019」にて行われることにもご注目ください。
ピアノのソリストは大学Konzertfach(演奏専攻)4年の吉澤木乃芽さんです。W.A.モーツァルト作曲・ピアノ協奏曲第26番ニ長調KV537を演奏します。1790年に神聖ローマ皇帝レオポルト2世の戴冠式の祝典にて演奏されたことから「戴冠式協奏曲」の愛称で呼ばれる華やかな作品です。

上記以外にも、合奏や伴奏などピアノの学生たちが多数のコンサート・イベントで活躍します。2日間のタイムテーブル・会場などについての詳細は学園ホームページ「東邦ミュージック・フェスティバル」のページをご覧ください。

【東邦ミュージック・フェスティバル詳細】

ぜひ芸術の秋の2日間を東邦音楽大学川越キャンパスにてお楽しみください。皆さまのご来場をお待ちしております。