専攻・コース

新たな専攻・コース編成で、より学びやすい体制になりました。商業音楽の作曲・編曲技術を学びたい人、電子オルガンで独創的な音楽表現力を磨きたい人、そしてこれから音楽を本格的に学びたい人にも広く門戸を開いています。

教育目的・人材の養成に関する目的

東邦音楽大学では、音楽学部音楽学科のそれぞれの専攻において、学生が目指す将来目標を尊重し、それに沿った実践的な専門教育を行い、演奏家、音楽家、指導者、教育者、音楽制作者及び対人援助者として、音楽を通して社会に貢献でき、実践的に幅広く活躍できる人材の育成を教育の目的とする。

アドミッションポリシー

東邦音楽短期大学の建学の精神・教育理念に基づき、音楽芸術の研鑽と豊かな人格形成を目指し学修するために、以下のような能力と学修意欲を備えた者を所定の入学試験科目によって選抜を行う。
1 各専攻の学修に必要とされる基礎学力と技能及び表現力を有する者。
2 専攻分野の音楽専門知識と技能の修得に強い意志を持つ者。
3 学修に主体的に取り組み、他者とともに成長しようとする意欲を有する者。
4 本学での学修や経験を生かし将来社会に貢献しようとする者。
5 本学の建学の精神に基づいた人格形成を目指す者。
なお、専攻別のアドミッションポリシーは以下の通りである。

カリキュラムポリシー

東邦音楽短期大学では、建学の精神および教育理念に基づき、音楽専門教育を通じて社会で必要とされる教養と人間性の形成を目指し、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。
1 多様な基礎知識と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、教養と技能を育む「東邦スタンダード」を含む基礎教育科目と音楽専門教育科目を設け、総合教育科目、文化教養科目などを設置する。
2 専門的な知識と技能を学ぶために、順次性のあるカリキュラムを編成する。
3 幅広く関心のある科目を履修して総合的視点を養うことを奨励する。
4 知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力など、社会生活において必須となる汎用的な能力を育成するために、全学年を対象に実践的参加型の授業を実施する。
5 成績評価基準を明確にし、客観的な評価を行う。実技試験においては多数の教員による審査を行う。

ディプロマポリシー

東邦音楽短期大学で以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に短期大学士の学位を授与する。
1 専攻分野を中心とした知識と技能を修得するとともに、自ら考え、それを活用して社会に貢献しようとする姿勢を身につける。
2 主体性をもって他者と協働して行動できる豊かな人間性を形成し、多様性や社会性を身につける。

声楽専攻 Major in Vocal Music

声楽専攻
  • 短大イベントに参加する

専門的な声楽技術を身につけながら 社会に貢献できる豊かな人間性を育みます

「身体」を楽器とする声楽は、音楽の中で唯一「言葉」を伴う芸術です。その道を追究するには正しい技術を習得し、旋律や響きに対する美的感覚と言葉や詩情への洞察力を磨くことが大切。専門的な声楽の技術・表現力を養う指導により、社会に貢献できる価値観と豊かな人間性を育みます。

アドミッションポリシー

・基礎的な知識と歌唱力を有し、声楽を中心とした表現力や技術の向上を目指す意欲のある者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

器楽専攻 Major in Instrumental Music

管弦打楽器コース
  • 短大イベントに参加する

ピアノコース Course of Piano

演奏者に求められる専門技術、さらに知識や教養も育み 個性を活かした表現力を身につけます

ソリストに求められる高い演奏技術と、聴き手を魅了する音楽表現が実現できる力を育みます。さらに、アンサンブルの学びによって協調性も身につけます。各自の能力、個性、感性を最大限に引き出せるよう、専門技術に加え知識・教養も磨く指導を通じ、舞台で、社会で活かせる自己表現力の習得を目指します。

ピアノ指導者コース Course of Piano Instructor

ピアノ演奏の素晴らしさを伝える指導者 音楽文化を根底から支える人材を養成します

子どもから高齢者まで、さまざまな人々にピアノ演奏の素晴らしさを伝えられる指導方法を研究し、奏法、対人コミュニケーション、発達期の幼児・児童に関する知識や技術を実践的な学びを通じて習得します。音楽の指導者は、音楽文化を支える存在。確かな専門性で音楽の魅力を世に広める人材を育てます。

管弦打楽器コース Course of Wind,Strings and Percussion Instrument

個の演奏技術と、合奏を支えるバランス感覚 両軸の学びから成長を促します

楽器の習熟過程では、個々の技術のみならず、各パートのかかわりを理解して音を発するバランス感覚を育てることが重要です。個人レッスンで演奏技術を磨き、アンサンブルやオーケストラでは皆で音楽をつくり上げるための協調性を身につける──この両軸の学びを通じ、音楽人、社会人として大きく成長しましょう。

電子オルガンコース Course of Electronic Organ

レベルに合わせた指導と豊富な演奏実習で 音楽を自由に表現する即興力を高めます

さまざまな音楽スタイルの知識と演奏技術を身につけ、自由に楽しみながら自分の音を表現できる「即興力・アレンジ力」を高めることを目指します。電子オルガンの機能や操作を学ぶ基礎トレーニングから楽典、コード・プログレッションまで、個々に応じた指導を通じ、総合的な音楽力の成長を促します。

電子オルガン専攻

アドミッションポリシー

‐ピアノコース‐
・基礎的な知識と技能を有し、ピアノを中心とした表現力や技術の向上を目指す意欲のある者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。
‐ピアノ指導者コース‐
・基礎的な知識と技能を有し、ピアノ指導法に関する専門知識と技術の向上を目指す意欲のある者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。
‐管弦打楽器コース‐
・基礎的な知識と技能を有し、管弦打楽器を中心とした表現力や技術の向上を目指す意欲のある者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。
‐電子オルガンコース‐
・基礎的な知識と技能を有し、音楽のジャンルを問わず、音楽表現の幅を広げる意欲を持つ者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

コンポージングアーティスト専攻 Major in Composing Artist

コンポージングアーティスト専攻
  • 高校生のためのコンポージングアーティスト入門講座 高校生向けの新講座!担当講師は城之内ミサ先生です。講義+レッスンで、充実の1回90分(無料・要申込)。 短大イベントに参加する
  • 城之内ミサ先生に訊く 「コンポージングアーティスト専攻」ではどんなことが学べるの? 「レコーディング実習」や 「ライブ実践」など具体的な授業の内容や、専攻の魅力について、特別インタビュー!

思い描いた音楽を創作するスキルと表現者としての心を養う実践的カリキュラム

クラシックの芸術性とポップスの文化を重ね合わせて学べる本専攻では、楽典や理論の学習・研究に加え、制作現場を体験する「レコーディング実習」やプロ奏者と協演する「ライブ実践」も行います。これにより自分が思い描く音を創作=コンポーズするスキルを磨き、表現者=アーティストとしての心を養います。

アドミッションポリシー

・ 基礎的な知識と技能を有し、商業音楽の分野における作曲に幅広い興味を持ち、自己の作品制作および演奏への意欲を持つ者。
・ 本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

音楽教養専攻 Major in Music Culture

音楽教養専攻
  • 社会人のための入学説明会 音楽教養専攻のカリキュラムご紹介、学費減免制度、長期履修生制度、入学試験の説明、個別相談など(無料/申込不要) 短大イベントに参加する

演奏技術の習得から教養・理論を深める学びまで 生活・社会を豊かにする音楽に幅広くアプローチ

「大好きな音楽を本格的に学習したい」「器楽の演奏を改めて学びたい」「音楽の知識を深めたい」など、個々の興味や目標に応じ、多方向から音楽にアプローチできる専攻です。社会人入学者も多く、多様な世代が音楽を通じ、交流できることも魅力。人生・生活・社会を豊かにする音楽を、一緒に学びましょう。

アドミッションポリシー

・基礎的な知識と技能を有し、音楽を生涯学習としてより深く学ぶ意欲のある者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

PAGE TOP