東邦音楽大学 ピアノ専攻 新井さん

研修期間2007年10月15日~10月29日

10月15日(月) 晴れ
飛行機に乗って11時間半。待ちに待ったウィーンに到着。空港からアカデミーに向かうバスから見える街並みはどこを見てもまるで絵本のよう!!今日からの2週間に期待がふくらむ。


10月16日(火) 晴れ
今日は午後からウィーン市内観光。天才と言われたモーツァルトが6歳の時に演奏した事でも知られるシェーンブルン宮殿の中は、シャンデリアで飾られ、その気品ある美しさに感動。そしてウィーン中央墓地では、ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームスのお墓を見ることができた。お墓を目の前にし、改めて彼らが生きていて、音楽を創っていたのだと実感した。


10月17日(水) 晴れ
今日の昼食は手作りパスタとパンケーキ。おいしい料理で元気が出たところで、午後からはピアノの練習。憧れのウィーンに来て音楽を勉強できる!と思うとつい、時間を忘れて練習に夢中になった。


10月18日(木) 雪/曇り
今日は地下鉄に乗り、カールスプラッツへ行った。街の中心にそびえ立つウィーンのシンボルとも言うべきシュテファン寺院の独特の美しさに目をひかれた。近くのカフェにも入店。勉強してきたドイツ語も通じ、なんだかウィーンになじめた気がして嬉しかった。


10月19日(金) 雨/曇り
今日はウィーンの街を歩き市内観光。歩いていると、実際にベートーヴェンが住んでいた家、モーツァルトがよく来ていた劇場、シューベルトが通っていた大学…と、ウィーンの街には本当にいたる所に音楽家たちの足跡が数多く残っていて、生きた音楽であふれている。音楽家たちはこのウィーンでどんな生活をして、どんなことを想い作曲をしていたのだろう…。


10月20日(土) 曇り
今日は夜オペラを観に行った。演目は私の大好きな「ラ・ボエーム」。劇場に足を踏み入れるとそこは別世界!華麗な雰囲気に包まれ心が弾む。この豪華な劇場で聴く最上の音色はやっぱり一味違う。


10月21日(日) 晴れ
今日は、新年にニューイヤーコンサートが開かれる楽友協会へベートーヴェンミサを聴きに行った。会場の中は天井や壁面の彫刻が目映く、目がくらむ程に美しい!!合唱とオケの重なる音色は多彩でその響きの迫力に圧倒された。


10月22日(月) 雨
今日は午後からファン・ツァブナー先生のピアノレッスン。先生のレッスンはとても情熱的。一つひとつの音の質、音楽を作る上での自分の感情がとても大切と言うことを学べ、音楽への好奇心をかき立てられるものだった。


10月23日(火)
今日はベルヴェデーレ宮殿へ行った。思わず驚きの声を上げてしまう程の宮殿の中に飾られたたくさんの絵画を見て感動した。この感動を私の音楽に生かせられたらいいなぁ…。


10月24日(水) 雨
今日はファン・ツァブナー先生と一緒に明日の修了演奏会のゲネプロ。 先生から、もっと自分の出している音を聴き、ペダルを工夫すると良くなるわ、とアドバイスを最後にもらい、夜まで練習した。緊張もあるけど、明日が楽しみになってきた。


10月25日(木) 曇り
今日は修了演奏会。緊張しながらも、この2週間で学んだ事を出し、楽しく演奏ができた。演奏会後のティーパーティでは緊張が解けて、みんな笑顔がこぼれ自分たちの演奏やウィーンでの思い出を楽しく語り合った。


10月26日(金) 曇り
今日は終日モーツァルトの生誕地、ザルツブルク観光。ザルツブルクは中世の面影を色濃く残した美しい街並みで周りは自然にかこまれウィーンとはまた違った優雅な美しさ!!モーツァルトの生家や実際にモーツァルトが使っていたピアノも見学することができた。この街でモーツァルトについて、たくさんのことを知り、もっともっとモーツァルトの曲を演奏してみたいと思った。


10月27日(金) 曇り
今日はアカデミーを大掃除。この2週間、とても快適に過ごすことができたのもこのアカデミーのおかげ。感謝の気持ちをこめてしっかりと掃除した。


10月28日(日) 雨
今日はウィーン最終日。あっと言う間の15日間だったけれど一日一日が楽しく、充実して過ごせた。ウィーンではとにかく沢山の音楽を聴き、音楽を楽しみたくさん感動した。そして、私の中で音楽がもっと大切な存在になった。日本に帰り、さらに音楽を深く勉強していきたいと思った。


関連記事一覧

  1. 東邦音楽大学 ピアノ専攻 演奏家コース 安田さん
  2. 東邦音楽大学 管弦打楽器(打楽器)専攻 佐藤さん
  3. 東邦音楽大学 ピアノ専攻 本田さん
  4. 東邦音楽大学 音楽療法専攻 島田さん
  5. 東邦音楽大学 ピアノ専攻 石井さん
  6. 東邦音楽短期大学 器楽専攻 ピアノレスナーコース 森田さん
PAGE TOP