音楽学部・音楽学科

教育目的・人材の養成に関する目的

東邦音楽大学では、音楽学部音楽学科のそれぞれの専攻において、学生が目指す将来目標を尊重し、それに沿った実践的な専門教育を行い、演奏家、音楽家、指導者、教育者、音楽制作者および対人援助者として、音楽を通して社会に貢献でき、実践的に幅広く活躍できる人材の育成を教育の目的とする。

アドミッションポリシー

東邦音楽大学の建学の精神・教育理念に基づき、音楽芸術の研鑽と豊かな人格形成を目指し学修するために、以下のような能力と学修意欲を備えた者を所定の入学試験科目によって選抜を行う。

  • 各専攻の学修に必要とされる基礎学力と技能および表現力を有する者。
  • 専攻分野の音楽専門知識と技能の修得に強い意志を持つ者。
  • 学修に主体的に取り組み、他者とともに成長しようとする意欲を有する者。
  • 幅広い視野に立ち、多様に変動する社会に柔軟に対応し「自己実現」を目指す意欲を有する者。
  • 本学での学修や経験を生かし将来社会に貢献しようとする者。
  • 本学の建学の精神に基づいた人格形成を目指す者。

カリキュラムポリシー

東邦音楽大学では、建学の精神および教育理念に基づき、音楽専門教育を通じて社会で必要とされる深い教養と豊かな人間性の形成を目指し、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 広範で多様な基礎知識と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、教養と技能およびキャリアを育む「東邦スタンダード」を含む基礎教育科目と共通専門教育科目を設け、専攻別に専門教育科目、人間教育科目、文化教養科目などを設置する。
  • 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために、順次性のあるカリキュラムを編成する。
  • 実技レッスンなど専門分野の知識、技能の向上とともに、国際的に通用する教養を身につけ、芸術文化の発展に貢献しようとするコアカリキュラムを展開する。
  • 自分の専攻を超えて、幅広く関心のある科目を履修して総合的視点を養うことを奨励する。
  • 知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力など、社会生活において必須となる汎用的な能力を育成するために、全学年を対象に実践的参加型の授業を実施する。
  • 高い芸術性を目指した専門的な知識と技能を修得するため、専攻実技は個人レッスンを実施し、その担当教員が学生の学修の助言を行うとともに、学生の自習環境の確保に努める。
  • 成績評価基準を明確にし、客観的な評価を行う。実技試験においては多数の教員による審査を行う。
  • 身につけた知識やスキルを統合し、多くの演奏などを通じ問題解決と新たな価値の創造につなげていく能力や姿勢を育成する。

ディプロマポリシー

東邦音楽大学で以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に学士の学位を授与する。

  • 専攻分野を中心とした知識と技能を修得するとともに、国際的な視野に立って、それを活用して社会に寄与する姿勢を身につける。
  • 体系的学習と実践を通して現代の多様な課題を発見、分析、解決する能力を身につける。
  • 社会に対応するコミュニケーション能力を身につけ、自己発信のプレゼンテーション能力とともに、多様な文化との共生ができる。
  • 主体性をもって他者と協働して行動できる豊かな人間性を形成し、多様性や社会性を身につける。

ピアノ専攻

  • 独奏、伴奏、アンサンブルを網羅したピアノ専門教育により、幅広く活躍し社会に認められる演奏家・指導者・教育者を養成します。 レッスンでは一人ひとりの個性や進路目標を尊重し、潜在能力を引き出すきめ細かい指導によって、知性と感性のバランスのとれた心に 響く演奏を目指しています。

声楽専攻

  • 「身体」を楽器として音を奏でる声楽は、音楽の中で唯一「言葉」を伴う芸術です。 その道を追究するには正しい技術を習得し、旋律や響きに対する美的感覚と言葉や詩情への洞察力を磨くことが大切。 声楽の専門技術・表現力を養う指導により、演奏家・指導者・教育者として社会に貢献できる価値観と豊かな人間性を育みます。

管弦打楽器専攻

  • 実技レッスンでは、各々のレベルやニーズに対応した着実な技術向上を図ります。 それと並行して多彩な編成のアンサンブルを経験し、各パートのかかわりを理解して音を発するバランス感覚、 皆で音楽をつくり上げるための協調性を身につけます。個と集団という両軸を磨く中で、音楽人として社会に羽ばたく土台を築きます。

音楽創造専攻作曲コースメディアデザインコース

  • 古典~現代の音楽の成り立ちおよび多種多様な楽曲スタイルを理解し、音源制作の基礎を学びクラシックから世俗音楽のソロ曲、 アンサンブル、歌曲、合唱曲、アレンジやオーケストレーションなどを段階的に学びます。自由な発想で作品づくりに挑み、 自身の作品を学内演奏会で実演する機会もあり、曲創りをする音楽家としての実地体験とキャリアの基礎構築ができます。

音楽療法専攻

  • 音楽の効用を、心身の健康、認知症予防、リハビリテーションなどに役立てる音楽療法の分野で即戦力となる人材を育てます。 カリキュラムは、対人援助における必須技術と理論を習得する授業から、関連領域である心理学、医学、障害学、社会福祉まで幅広く用意。 50 回を超える現場実習によって、応用力と専門性を養います。

Konzertfach(演奏専攻)

  • 世界で活躍するプロフェッショナルな演奏家を目指すための専攻です。対象楽器はピアノ、声楽、ヴァイオリン、 ヴィオラ、チェロ、コントラバス、打楽器で、これらの分野における専門知識と高度な演奏技術を、東邦音楽大学と 東邦ウィーンアカデミーの両教授陣から学びます。国際的な感覚を養う年2回のウィーン研修も特徴です。

教職実践専攻

  • 音楽教員や地域社会の指導者を目指し、それに必要な基礎的演奏技術と幅広い知識・教養、豊かな人間性を育みます。 ピアノ、声楽、管弦打楽器のいずれかを主科とし、インターンシップやグループワーク、模擬授業など実践を重んじた 多彩なスタイルの学びを実施。現場で生きる専門性、指導力、プレゼンテーション力を養います。

パフォーマンス総合芸術文化専攻新設

  • 音楽を軸とするエンターテイメント全般に対応する人材を育成します。大学ならではのアカデミックな音楽教育を土台に、 音楽プロデューサー/ディレクター、テレビ・ラジオなどのメディア、演劇・舞台、イベント企画制作といった 多種多様な「業界」にかかわる講義・科目を通じて、各分野で生きる知識と能力を徹底的に学習。 さらに未来のグローバルな芸術活動も視野に入れ、世界のアートやエンタメ、異文化交流や 国際協力・支援まで含む総合的な芸術文化の理解を促進します。音楽を武器=ツールとして自身が進む道を切り拓くための、 まったく新しい「現場主義」の専攻です。

リンク

PAGE TOP