音楽学部・音楽学科

教育目的・人材養成に関する目的

東邦音楽大学では、音楽学部音楽学科のそれぞれの専攻において、学生が目指す将来目標を尊重し、それに沿った実践的な専門教育を行い、演奏家、音楽家、指導者、教育者、音楽制作者および対人援助者として、音楽を通して社会に貢献でき、実践的に幅広く活躍できる人材の育成を教育の目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

本学学則に定める必要な修業年限を満たした上で、所定の教育課程を履修して、以下に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(音楽)」の学位を授与する。

知識・技能

多面的な履修を通して社会生活において必須とされる汎用的な能力。
専攻分野を中心とした知識と技能。
国際的な視野に立った広範な文化の理解。

思考力・判断力・表現力

現代社会に必要とされるコミュニケーション能力。
体系的学修と実践に基づいた課題の発見、分析、解決をする能力。
自己発信のプレゼンテーション能力。

意欲・関心・志向性

専門分野を超えて問題を探求する姿勢。
国際感覚を身につけ、世界に踏み出そうとする意欲。
自己や他者の役割を理解し、協働できる広い視野(自己管理能力・チームワーク)。
生涯にわたって探求しようとする姿勢(生涯学習力)。
多様な価値を認め、主体性をもって積極的に社会に貢献しようとする意欲(社会的責任・チームワーク・リーダーシップ)。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

本学ではディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけるため、各専攻において以下のような方針に基づいて必要とされるカリキュラムを体系的に編成する。

知識・技能

教養と技能およびキャリアを育む全学共通カリキュラム「東邦スタンダード」を設置する。
広範で多様な基礎知識の獲得と専門性を高めるために、体系的で幅広い学修が可能な科目群を設置する。
専門的な方法論と知識を学ぶために、順次性があるカリキュラムを編成する。
高い芸術性を修得するため、専攻実技は個人レッスンを実施する。

思考力・判断力・表現力

専攻を超えて、幅広い領域の科目を履修し総合的視点を養う。
知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力の育成のため、アクティブ・ラーニングを取り入れた参加型の少人数授業を実施する。

意欲・関心・志向性

国際的に通用する幅広い知識を持ち、芸術文化の発展に貢献できる人材育成。
身に着けた知識やスキルを統合し、問題解決力と新たな価値の創造につなげていく能力や姿勢を育成する。
成績評価基準を明確にし、客観的な評価を行う。
客観的、総合的な評価のためにGPA制度を用いる。
実技試験においては平準化のため複数の教員による審査を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)

本学では建学の精神・教育の理念に基づき、音楽芸術研鑽と豊かな人格形成を目指し学修するために、以下のような能力と学習意欲を備えた者を所定の科目によって選抜を行う。

知識・技能

各専攻の学修に必要とされる基礎学力と技能および表現力を有する者。
専攻分野の音楽専門知識と技能の修得に強い意志を持つ者。

思考力・判断力・表現力

学修に主体的に取り組み、他者とともに成長しようとする意欲を有する者。
幅広い視野に立ち、多様に変動する社会に柔軟に対応し、自己実現を目指す意欲を有する者。

意欲・関心・志向性

本学での学修や経験を生かし将来社会に貢献しようとする者。
本学の建学の精神に基づいた人格形成を目指す者。

リンク

PAGE TOP