音楽学部・音楽学科

教育目的・人材の養成に関する目的

東邦音楽大学では、音楽学部音楽学科のそれぞれの専攻において、学生が目指す将来目標を尊重し、それに沿った実践的な専門教育を行い、演奏家、音楽家、指導者、教育者、音楽制作者および対人援助者として、音楽を通して社会に貢献でき、実践的に幅広く活躍できる人材の育成を教育の目的とする。

アドミッションポリシー

東邦音楽大学の建学の精神・教育理念に基づき、音楽芸術の研鑽と豊かな人格形成を目指し学修するために、以下のような能力と学修意欲を備えた者を所定の入学試験科目によって選抜を行う。

  • 各専攻の学修に必要とされる基礎学力と技能および表現力を有する者。
  • 専攻分野の音楽専門知識と技能の修得に強い意志を持つ者。
  • 学修に主体的に取り組み、他者とともに成長しようとする意欲を有する者。
  • 幅広い視野に立ち、多様に変動する社会に柔軟に対応し「自己実現」を目指す意欲を有する者。
  • 本学での学修や経験を生かし将来社会に貢献しようとする者。
  • 本学の建学の精神に基づいた人格形成を目指す者。

カリキュラムポリシー

東邦音楽大学では、建学の精神および教育理念に基づき、音楽専門教育を通じて社会で必要とされる深い教養と豊かな人間性の形成を目指し、以下のような方針に基づいてカリキュラムを編成する。

  • 広範で多様な基礎知識と基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する全学共通カリキュラムとして、教養と技能およびキャリアを育む「東邦スタンダード」を含む基礎教育科目と共通専門教育科目を設け、専攻別に専門教育科目、総合教育科目、文化教養科目などを設置する。
  • 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために、順次性のあるカリキュラムを編成する。
  • 実技レッスンなど専門分野の知識、技能の向上とともに、国際的に通用する教養を身につけ、芸術文化の発展に貢献しようとするコアカリキュラムを展開する。
  • 自分の専攻を超えて、幅広く関心のある科目を履修して総合的視点を養うことを奨励する。
  • 知識の活用能力、批判的・論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力など、社会生活において必須となる汎用的な能力を育成するために、全学年を対象に実践的参加型の授業を実施する。
  • 高い芸術性を目指した専門的な知識と技能を修得するため、専攻実技は個人レッスンを実施し、その担当教員が学生の学修の助言を行うとともに、学生の自習環境の確保に努める。
  • 成績評価基準を明確にし、客観的な評価を行う。実技試験においては多数の教員による審査を行う。
  • 身につけた知識やスキルを統合し、多くの演奏などを通じ問題解決と新たな価値の創造につなげていく能力や姿勢を育成する。

ディプロマポリシー

東邦音楽大学で以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に学士の学位を授与する。

  • 専攻分野を中心とした知識と技能を修得するとともに、国際的な視野に立って、それを活用して社会に寄与する姿勢を身につける。
  • 体系的学習と実践を通して現代の多様な課題を発見、分析、解決する能力を身につける。
  • 社会に対応するコミュニケーション能力を身につけ、自己発信のプレゼンテーション能力とともに、多様な文化との共生ができる。
  • 主体性をもって他者と協働して行動できる豊かな人間性を形成し、多様性や社会性を身につける。

ピアノ専攻

声楽専攻

管弦打楽器専攻

音楽療法専攻

Konzertfach(演奏専攻)

教職実践専攻

パフォーマンス総合芸術文化専攻 新設

リンク

PAGE TOP