音楽療法専攻

人材の養成に関する目的等

医療・福祉・教育施設における現場実習と音楽療法に必要な技能の修得のための少人数でのレッスンを通して、音楽を使いこなせる対人援助職として、社会で役立つ優れた人材を育成する。

1.現役の音楽療法士による丁寧な技能指導

精神科、高齢者、児童の各領域の音楽療法の第一人者による少人数レッスンで必要な技術を修得。大学近隣の医療・福祉・教育施設での現場実習も数多く経験します。

2.音楽療法士の資格取得を手厚くサポート

日本音楽療法学会認定の「音楽療法士」資格取得に必要な全科目を設置し、受験対策講座なども設けて合格をサポート。受験認定校なので、卒業後にすぐに資格取得も可能です。

3.ウィーンでヨーロッパの音楽療法を体験

自らの心を見つめ、自分を深く知るには、実際に音楽療法を体験することが必要です。3年次の海外研修では、現地で活躍する音楽療法士から技術指導と音楽療法を受けます。

教員メッセージ

音楽療法の深く豊かな体験は、皆さんの人生をも潤すでしょう。

音楽療法専攻チームリーダー 木下 容子 准教授

音楽療法とは、対象となる方々がより良く生きていくために 「音楽を通して」かかわる分野です。そして音楽療法士には、 対象者を理解するうえで必要な心理学や障害学など、幅広い領域の知識が 求められます。と同時に、芸術性も要する対人援助職として、 優れたコミュニケーションスキルや、高度な音楽技法を柔軟に使いこなす力も 備えていなければなりません。当専攻のカリキュラムでは、それらすべてを 総合的に学ぶことができます。音楽療法を通じた対象者との深く豊かな交流は、 皆さんの人生をもみずみずしく潤すでしょう。

アドミッションポリシー

・音楽に対する基礎的な知識と技能を有し、本学において音楽療法の理論と実践および関連分野の学修に対する意欲を有する者。
・本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

※学生募集要項は、電話03-3946-9667
または、資料請求フォームよりお取り寄せください。

資料請求フォームはこちら

リンク

PAGE TOP