管弦打楽器専攻の在学生へのインタビュー

在学生へのインタビュー

管弦打楽器専攻 / 土屋さん
管弦打楽器専攻 / 土屋さん

いちおし授業 「和声学」

吹奏楽やオーケストラを通して人と音を作っていく喜びを日々見出しています。お気に入りの授業は和声の基本から楽曲分析まで幅広く学べる「和声学」。丁寧に細かい部分まで教えてくださるので勉強になります。僕は学んだ和声法を基本に自分で編曲をし、先生に添削していただいたりもしています。

管弦打楽器(ユーフォニアム)専攻 / 加藤さん
管弦打楽器(ユーフォニアム)専攻 / 加藤さん

Q.1 楽器を始めたきっかけは?

小さい頃から音楽が好きだったので、中学で吹奏楽部に入りました。はじめは、ユーフォニアムという楽器をあまり好きになれませんでしたが、いつからかこの楽器の魅力に気づき、今もこうして続けています。

Q.2 東邦はどんな大学ですか?受験したきっかけは?

附属高校に在学していたので、大学も東邦にしました。
練習場所も整っていて、先生方も素晴らしい方ばかりで、音楽をやるには良い環境だと思います。少人数制なので、レッスンも授業も細かなところまでご指導して頂けるので、自分のレベルに合った勉強ができます。

Q.3 お気に入りの授業は?

「ウインドオーケストラ」 担当:佐伯正則(指揮)
佐伯先生のご指導のもと年に数回ある演奏会の曲を中心にたくさんの曲を練習しています。新しい曲に出会うたびにいろいろな発見ができ、先輩方や友達と意見交換をしています。練習を重ねるにつれて曲が仕上がっていくのが分かるのでやりがいがあります。本番は、大きなホールで演奏できるので、とても気持ち良いです。

Q.4 入学してから印象に残っていることは?

先日2週間のウィーン研修に行ってきました!見るもの、聴くもの全て新鮮で、たくさんの良い刺激をうけることができました。音楽や芸術が常に身近にあるウィーンでの生活は、音楽をやっている私たちにとって一生忘れられない思い出となりました。

Q.5 これからの目標や将来の夢

将来の夢はまだはっきり決めていませんが、音楽には何らかの形で携わっていきたいと思っています。在学中は、積極的に演奏活動や指導等に参加し、たくさんの人に音楽の素晴らしさを伝えられたら良いと思っています。

Q.6 近況報告

8月にウインドオーケストラの合宿があります。毎年、長野県のいくつかの小中学校に演奏と講習会指導に行きます。講習会で教わっている時の生徒たちの真剣な眼差しや、私たちの演奏を聴いて歌ってくれたり、笑顔で手拍子をしてくれている姿を見ると演奏して良かったと思います。

リンク

PAGE TOP