声楽専攻

人材の養成に関する目的等

声楽家としての基礎的能力と豊かな感性を養い、実践的に幅広く活躍できるための専門教育を行い、それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、音楽家、指導者、教育者として社会に認められる人材を育成する。

1.試験課題は今の自分にベストな楽曲で挑戦

2年次の前期から4年次の前期まで、イタリア歌曲や日本歌曲とドイツ歌曲を取り入れます。演奏会形式の定期試験では、自分の実状に合った選択ができ、複数曲の選択も可能です。

2.詩とメロディーを融合させ、説得力のある歌唱を

詩の朗読と解釈は、歌詞とメロディーを融合させ歌に説得力を生みます。ドイツ語とイタリア語の朗読法やイタリア語のオペラ、ウィーンで現地の女優から朗読法も学びます。

3.学内公開の定期試験で演奏マナーも身につく

聴衆に向けての初舞台となる3年次の学内演奏会は、ソロかアンサンブルのどちらかを選びグランツザールで実施。ホールでの演奏に緊張感と期待感をもって全員が臨みます。

アドミッションポリシー

・声楽に対する基礎的な知識と歌唱力を有し、本学において更なる専門知識の修得と演奏技術及び表現力の向上を目指す意欲のある者。
・声楽を中心とした本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

※学生募集要項は、電話03-3946-9667
または、資料請求フォームよりお取り寄せください。

資料請求フォームはこちら

リンク

PAGE TOP