ピアノ専攻

人材の養成に関する目的等

ソロ、アンサンブル、伴奏等専門分野において実践的に幅広く活躍できるための専門教育を行い、それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、音楽家、指導者、教育者として社会に認められる人材を育成する。

教員メッセージ

人の心を動かすのは「人」、そして「芸術」です

ピアノ専攻主任 大場 文惠 教授

ピアノの習得に必要なのは、知力・体力・気力と、粘り強く取り組む姿勢です。 それを支えるために、一人ひとりが主体的に考え、答えが出せるような指導を心がけています。 1・2 年次でバロック期から近現代期まで網羅し、3 年次からは自ら選んだ楽曲を深めていきます。 その体系的な学びによって演奏の土台となるテクニックを磨き、ピアノに関連した授業でさらなる知識を高めましょう。 演奏家や指導者は、人々の感動を引き出すことで社会に寄与します。人の心を動かすのは「人」、そして「芸術」です。

アドミッションポリシー

・ピアノ演奏に対する基礎的な知識と技能を有し、本学において更なる専門知識の修得と演奏技術及び表現力の向上を目指す意欲のある者。
・ピアノ音楽を柱とした本学での学修と経験を生かし、将来社会に貢献しようとする熱意を持つ者。

※学生募集要項は、電話03-3946-9667
または、資料請求フォームよりお取り寄せください。

資料請求フォームはこちら

リンク

PAGE TOP