声楽専攻の特色あるカリキュラム

特色あるカリキュラム

オペラ公演

本学ではオペラ定期公演を行っております。「魔笛」「フィガロの結婚」等モーツァルトの作曲を中心に上演しており、前回は「魔笛」を目黒パーシモンホールにて上演しました。本学のオペラ公演の特徴は、高校生、短大生、大学生、大学院生、さらには研究員から卒業生、教員に至るまで、学園をあげて取り組んでいることです。学内にあるグランツザールはモーツァルトのオペラを上演するのに望ましい規模のホールです。この体験は学生や卒業生にとってかけがえのない思い出となることでしょう。

オペラ研究I・II

イタリア語のオペラを取り上げ、舞台で必要とされる動きの基本から演技など、実演の課程をグランツザールのステージ上で学びます。

朗読法

声楽の魅力は、なんと言っても自らの身体を楽器として音を奏でることにあるでしょう。そして、言葉を持つ唯一の音楽表現です。「朗読法」の授業では、声楽を学ぶ中で必要となるイタリア語、ドイツ語をそれぞれ半期ずつ取り上げます。美しい発音を、また意味を正しく把握して言葉を表現することを繰り返し練習し、習得していきます。

演奏会について

音楽家をめざすみなさんに多くの演奏の場を用意しています。3年次の「学内演奏会」は聴衆に向けて演奏する最初の機会。また2年次生以上で、意欲のある人は誰でも挑戦できる「トライアルコンサート」もあり、オーディションに合格すればオーケストラと共演できる機会が与えられます。そして成績上位者によって「卒業代表演奏会」を行います。これらはすべて学内の音楽ホール「グランツザール」で開催します。

リンク

PAGE TOP